【2023年(仮)】ワイン概論1-1(酒類分類、ワインの特性、ワインの分類)|ソムリエ・ワインエキスパート試験

最新のお知らせ

▼2/15(水)19時、マグナム祭り シャンパーニュ・ボルドー・ブルゴーニュのマリアージュ会
貴重な熟成マグナム祭りです♪
https://tomiwine.com/info-94

▼2月末から全20回「ソムリエ・ワインエキスパート受験対策講座」
毎年ほとんどのクラスが満席になるのでお早めにぜひ。ADV青山校、銀座校、オンラインにて。
https://tomiwine.com/info-36

▼3月初旬〜「JSAソムリエ試験対策 サービス実技講座」
座学とセット申込で教育訓練給付金制度がご利用になれます。早めの準備をしてきましょ。
https://tomiwine.com/info-106

▼無料のソムリエ・ワインエキスパート受験説明会
とみた担当日程、たくさんです。ADV青山校、銀座校、オンラインにて。
https://tomiwine.com/info-78

いつもありがとうございます。今日も一日、皆様に素敵なことが沢山ありますように🙏✨

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

まとめ資料

※クリックで拡大できます。仮バージョンです。

※まとめ資料要修正のお知らせ
以下、近々更新できるときに、まとめて修正予定です。

  • ロワール:プイィ・フュメのブドウ品種が抜けていました(Sauvignon Blanc)。
  • ワイン概論3-3:スパークリングワインの醸造法 練習問題③の左下段、5つ目の選択肢が不要でした。→直しました
  • ボルドー2(メドック):練習問題4の左中段、練習問題7左下段、選択肢が不適切でした。→直しました

※お気づきの点がありましたら、お知らせくださると嬉しいです!UP前に校閲していただいてはいるのですが、ごめんなさい、まとめ資料のあとの「過去問・類問に挑戦!」も含めて更新時に多少のバグや、私の見落としもあるかもしれませんので、正していただけると大変助かります🙏✨

__

 

過去問・類問に挑戦!

各分野まとめ資料の、赤文字からの出題です。本番のCBT同様に、4択でランダム出題です。ぜひやってみてください。

※今回の改訂で解説まではほとんど移行できませんでした。一旦すみません。今後検討します。要所でつけられそうなところは、つけられるように努力します。

※もし不具合を見つけてくださった場合は「お問い合わせ番号」をお知らせくださるとありがたいです!

596
Created on

ワイン概論

ワイン概論Ⅰ(酒類分類、ワインの特性)

1 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、リキュールが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN184)

2 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、ヴェルモットが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN175)

3 / 32

醸造法による分類で、Still wineに分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN140)

4 / 32

節度ある適度な飲酒は1日平均純アルコールで何グラム程度であるか、正しいものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN145)

5 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、クレームドカシスが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN170)

6 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、シェリーが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN181)

7 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、ワインが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN168)

8 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、ウォッカが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN178)

9 / 32

ワインの一般的なpHを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN138)

10 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、ポートが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN183)

11 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、混成酒類に分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN172)

12 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、アマレットが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN176)

13 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、合成清酒が該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN182)

14 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、混成酒類に分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN180)

15 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、混成酒類に分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN174)

16 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、甘味果実酒が該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN173)

17 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、ブランデーが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN167)

18 / 32

発酵に由来する酸を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN144)

19 / 32

ガラクチュロン酸と関係が深いものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN147)

20 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、マデイラが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN179)

21 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、穀物原料の醸造酒類に該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN171)

22 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、混成酒類に分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN177)

23 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、清酒が該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN169)

24 / 32

アルコール発酵が酵母の活動によるであることを解明した人物を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN139)

25 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、果実原料の蒸留酒類に該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN166)

26 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、果実原料の醸造酒に該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN165)

27 / 32

酒石に関係するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN146)

28 / 32

日本の酒税法上の酒類分類において、混成酒類に分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN185)

29 / 32

ブドウに由来する酸を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN142)

30 / 32

ぶどう1キロから得られるワインの量を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN137)

31 / 32

ブドウに由来する酸を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN141)

32 / 32

発酵に由来する酸を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN143)

Your score is

0%

463
Created on

ワイン概論

ワイン概論Ⅰ(ワインの分類)

1 / 18

醸造法による分類において、Retsinaが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN158)

2 / 18

醸造法による分類において、Flavored wineに分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN150)

3 / 18

醸造法による分類において、Fortified wineに分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN160)

4 / 18

醸造法による分類において、Sauternesが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN200)

5 / 18

醸造法による分類において、Madeiraが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN152)

6 / 18

醸造法による分類において、Flavored wineに分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN156)

7 / 18

醸造法による分類において、Floc de Gascogneが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN163)

8 / 18

醸造法による分類において、Flavored wineに該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN149)

9 / 18

醸造法による分類において、Sparkling wineに分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN161)

10 / 18

醸造法による分類において、Vermouthが該当する分類を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN148)

11 / 18

醸造法による分類において、Sangriaが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN155)

12 / 18

醸造法による分類において、Perlweinが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN162)

13 / 18

醸造法による分類において、Port wineが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN157)

14 / 18

醸造法による分類において、Marsalaが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN153)

15 / 18

醸造法による分類において、Fortified wineに分類されるものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN159)

16 / 18

Fortified wineのアルコール度数を選んでください。
(お問い合わせ番号:VN164)

17 / 18

醸造法による分類において、Perlweinが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN154)

18 / 18

醸造法による分類において、Lilletが該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:VN151)

Your score is

0%

なつかし&はずかしの替え歌

▼ワインの特性(チェリー/スピッツ)
https://tomiwine.com/kaeuta-43

▼スパークリング、フォーティファイド、フレーヴァードの各国名称(春/Hysteric Blue)
https://tomiwine.com/kaeuta-23

関連記事

▼ワイン概論1-2(ワインに関するEUの規則)
https://tomiwine.com/jsa-gairon-2

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

<今、ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ記事>

▼2023年の当サイト「とみわいん.com」の受験系資料につきまして
https://tomiwine.com/info-107

▼一次試験対策関連記事一覧(徐々に本年度版に更新していきます)
https://tomiwine.com/jsacontents

▼過去問・類問集(徐々に本年度版に更新していきます)
https://tomiwine.com/quiz

▼ソムリエ・ワインエキスパート試験の初期によくいただくご質問
https://tomiwine.com/sowe

▼【まとめ】皆様の勉強法(兼、合格体験記)
https://tomiwine.com/jsa-2

▼とみわいんソムリエワインエキスパート応援LINEアカウント
受験にお役に立ちそうな最新情報や、当サイトの資料更新情報を発信していきます。時期的に最初は一次試験向けの内容が主となります。
https://tomiwine.com/jsaline

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
資料を無料で公開しておりますが、システム購入や維持費など、制作コストはかかっています。もし価値を感じてくださったら、ご協力いただけますとうれしいです。
https://tomiwine.com/info-82

▼2023年度受験対策講座、対面もオンラインもアカデミー・デュ・ヴァンで募集中です。6クラス担当します。2月末スタートで早割中。実際の講座にも大変力を入れていますので、ご興味ありましたらぜひ。私もお会いできたらうれしいです。
https://tomiwine.com/info-36

▼上記受験対策講座の準備にあたる、受験基礎速習講座も募集中です。1月中旬スタート。
https://tomiwine.com/info-33

▼3月スタートのソムリエ・サービス実技講座もあります。教育訓練給付金制度を活用されればタダ同然ですので、ソムリエの方でご受講が叶うなら、ぜひに。
https://tomiwine.com/info-106

▼無料の受験説明会も開催中です。オンラインと対面と両方あります。
https://tomiwine.com/info-78

▼アカデミー・デュ・ヴァンの良さ(受験講座)
https://tomiwine.com/blog-41

▼合格率や出席率等お気遣い不要ですよという話
https://tomiwine.com/blog-47

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼公式LINE「とみライン」
不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

※初めてアカデミー・デュ・ヴァンの講座のお申し込みをされる方は、お申込時の備考欄に「講師の富田葉子の紹介」と書いていただくと、講座によっては登録料無料などの特典があるかもしれません。もしよろしければ(^^)

▼ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ
https://tomiwine.com/blog-44

▼とみたクラスの推しポイント
https://tomiwine.com/blog-36

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP