【2021年】徹底暗記:メドックの格付けシャトー|ソムリエ・ワインエキスパート試験

あなたの正解数は:  

あなたのレベルは:  


あなたの正解数は:  

あなたのレベルは:  

メドックの格付けシャトーについて

1855年の4月5日にナポレオン3世がボルドー商工会議所に要請し、4月18日に完成した、「ボルドー産赤ワインの格付け」。たった2週間弱で当時の取引価格で急いで決められた格付けが、まさか160年以上も残るなんて、つくった方々も思っていなかったことでしょう…

 

実際に、クルティエたちが商工会議所に提出した格付け文書には、「格付けという行為がデリケートな問題を含むことを我々は理解しており、偉大なワインについて公式なリストを作ったつもりはない」と明確に書かれていたそうです。

 

格付けはメドックに限ったわけではなく、ボルドー産赤ワインの格付けでしたが、ボルドー商工会議所にとってビジネスのライバルであるリブルヌ周辺の右岸のワインなどは入っていなかったのが、面白いところですね。

 

(もしアカデミー・デュ・ヴァンのStep3の教科書をお持ちの方は、第10回に詳しく書いてありますよ♪資格取得後もぜひ学びを続けてくださいね…!!)

 

近年は出題範囲が年々広がっているため、相対的に60シャトーの出題は近年減ってはいます。2019年は1問出題、もしくはなんと1問も出なかったという方も複数いらっしゃいました。ですので、「試験のため」だけに勉強をされているなら、最悪は捨てても良いのかもしれません。しかし、この著名なシャトーを知っておくことは、今後のワインライフに必ず役立ちますし(メドック60シャトーも知らない有資格者はカッコ悪いかもですよ^^;)、まずこの60個すら覚えられないようではこの先の暗記量も難しいと思いますので、ワイン暗記の登龍門ということでぜひ時間に余裕のあるうちに挑戦してみてください。

 

まとめ資料

 

おすすめ関連記事

ボルドー
https://tomiwine.com/map-bordeaux

グラーヴ、ソーテルヌ&バルサック、サン・テミリオン、ポムロール
https://tomiwine.com/jsa-gssp

みんなのゴロ合わせ
卒業生のみなさまのゴロです。特に蒼黒野郎さん、寺居達雄さん、笑っちゃう語呂をたくさん考えてくださっています✨
https://tomiwine.com/goro

 

なつかし&はずかしの替え歌 

サン・テステフの格付けシャトー
https://tomiwine.com/kaeuta-18

ポイヤックの格付けシャトー
https://tomiwine.com/kaeuta-19

オー・メドックの格付けシャトー
https://tomiwine.com/kaeuta-20

マルゴーの格付けシャトー
https://tomiwine.com/kaeuta-21

サン・ジュリアンの格付けシャトー
https://tomiwine.com/kaeuta-22

※その他の、とみたYoutube動画はこちら。チャンネル登録嬉しいです!

お友達の作品 ワイン太郎さん

ワインのラベル画像入り&とみたの無駄話カットバージョンに編集してくださった、メドック替え歌。ご自身のランニング時に流す用に作成されていたのを、「よろしければ」ということで共有してくださいました。どうもありがとうございます!

 

お友達の作品 蒼黒野郎さん

GoogleMapで60シャトーのリンクを作ってくださいました。試験では各シャトーの具体的な位置までは問われませんが、美しい外観の写真なども見られますし「なるほど、この辺にあるのか」と地図を見ながら覚えるのも楽しいですよね。どうもありがとうございます!
Google Map 60シャトー

お友達の作品 バナナさん

メドック3・4・5級の替え歌を作って&歌ってくださいました。素敵な受講生のご子息作です。将来有望すぎる(*’д’*)!!村ごとだけじゃなくて、級ごとでも覚えたら、盾からも横からもで鬼に金棒ですよね。どうもありがとうございます…!!

 

お友達の作品 寺居達雄さん

ラベル付きでわかりやすく一覧にしてくれました。どうもありがとうございます…!!

 

おまけ現地写真

昔シャトー・ラトゥールへ伺わせていただいた時。このランクロが一番いい畑だそうです。

この頃はまだ講師になるなんて夢にも思っておらず、教材にすることを全く意識していなかったので、単にはしゃいでいるような写真でアレなんですが。。。ラトゥールは、早くからステンレスタンクなんですよね。

これは試験にあまり関係ないけど、お邪魔したのが、ちょうどプリムール撤退で話題になった直後だったんですよね。これから、ここに熟成していくんだーっていう熱いお話を色々と伺うことができました。

 

パルメ騎士団の会合で、シャトーの中でランチさせていただいたんですよね。お抱えシェフが日本人のかたで、なんだか嬉しかったです。その時に熟成庫や畑なども見せていただいたので、そんな写真。

 

パルメのダミアンさんが、土壌について書いてくれたんですよね。葉子の字がちょっと惜しいのが愛らしい☺️

 

ラグランジュにお邪魔したら、たまたま副会長の椎名敬一さんがいらっしゃったので、写真撮らせていただいちゃいました。椎名さんの功績はすごいですよね。

 

あと、ムートンとか、色々あるんだけど、キリがないのでそのうち。写真を眺めているとまた、フランスへ行きたくなりますね🇫🇷🍷✨

更新履歴

  • 2021/04/03 おまけ現地写真追加しました。

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷
お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼これから始まるとみたの講座やワイン会
随時更新。せっかくのご縁ですので、一緒に飲みませんか(^^)
https://tomiwine.com/seminarcontents
▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2
▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81
▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP