資料集【2019年】ワイン概論2(ブドウ栽培)|ソムリエ・ワインエキスパート試験

【2019年】ワイン概論2(ブドウ栽培)|ソムリエ・ワインエキスパート試験


💌最新のお知らせ💌

●アカデミー・デュ・ヴァン2020年春〜夏の講座お申し込み開始は2/9(日)11時からだそうです。とみたのアカデミー・デュ・ヴァン担当講座はこちら

●おかげさまで満席からの増席!2/15お昼の単発講座のヴァンジョーヌとシェリーの饗宴はこちら

●お得な早割は2/16まで!ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座はこちら

●60-70年代のコント・ド・シャンパーニュやドン・リュイナールも!2/28スタートの シャンパーニュ古酒比較と小原流いけばなはこちら

●今年もやります!3/29の屋形船でお花見ワイン会はこちら

●こちらも今だけ早割中!4月スタートの楽しいワイン基礎講座Step1はこちら

●結局これから始まるワイン会や講座はどれなの?これから始まるとみたの講座やワイン会一覧はこちら

●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリスト「富組」にご参加ください

●新しい形で動画も頑張りたいです。まだ過去の替え歌中心ではありますが、とみたのYouTubeはこちら。チャンネル登録嬉しいです!

●お仕事のご依頼も嬉しいです。お気軽にお問い合わせくださいませ

●サイトリニューアルを考えておりまして、少しずつ変更したりしている関係で、一部ご不便をおかけします。よりよくなるよう頑張ります!

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷




あなたの正解数は:  

あなたのレベルは:  




参考資料&該当範囲

  • 2019年度日本ソムリエ協会教本:P10からP17
  • 2019年度アカデミー・デュ・ヴァン受験テキスト:P1-10からP1-15

ちからだめし 問題

 

過去問や模擬試験のように選択式ではありませんが、より効果があると思います。(^^)

※問題中のアルファベット表記に関して:試験は選択式のため、基本的にアルファベット表記の原語は見てわかれば良く、書けなくて構いません。「フランス語で答えてください」等は、ここの問題に関してはカタカナで答えてOKです。

  1. 原産地が東アジアのぶどう原品種を答えてください。(2つ)
  2. 原産地が中近東のぶどう原品種を答えてください。
  3. 原産地が北米大陸のぶどう原品種を答えてください。(4つ)
  4. 三大台木原品種を答えてください。
  5. 日本のヤマブドウが属するぶどう原品種を答えてください。
  6. Foxy flavorと呼ばれる独特の香りを持つ、ぶどう原品種を答えてください。
  7. ぶどうの品種選抜法において、下記に該当するものを答えてください。
    「親になる木を限定し、同じ親から同じ遺伝子をもつ苗を増やしていく方法。」
  8. ぶどうの品種選抜法において、下記に該当するものを答えてください。
    「自分の畑の中で好ましい性質の株を残していく方法。」
  9. ワイン用ぶどうの栽培に最も適している条件を答えてください。
    ①年平均気温, ②生育期間の日照時間, ③年間降雨量
  10. ぶどうの光合成に必要なものを2つ答えてください。
  11. ほとんどのワイン用ぶどう生産地が含まれている緯度を答えてください。
  12. 当てはまるブドウの部位を答えてください。
    ①最も糖度が高い部位, ②最も酸が高い部位
  13. 以下の意味を答えてください。
    ①Véraison, ②Maturité, ③Floraison, ④Débourrement, ⑤Pleurs, ⑥Feuillaison, ⑦Vendange
  14. 上記7つの単語を、ぶどうの生育サイクルの正しい順番に並べ替えてください。
  15. ぶどうの生育サイクルで、下記の時期に行なう作業を、日本語とフランス語で答えてください。
    ①11-12月, ②1-3月, ③4月, ④6月, ⑤9-10月
  16. ぶどうの生育サイクルで、目安となる日数を答えてください。
    ①開花から収穫まで, ②色づきから成熟まで
  17. 手摘みの長所を3つ答えてください。
  18. ボルドーやブルゴーニュをはじめ、世界的に広く実施されている仕立て方の名称を答えてください。
  19. モーゼルなどの急斜面の畑に用いられ、栽培者が上下左右に動き易い仕立て方の名称を答えてください。
  20. 南フランスなどでよく見られる、乾燥地に適した仕立て方の名称を、日本語とフランス語の両方で答えてください。
  21. 日本でも昔から見られる、生食用ぶどうに適用されることが多い仕立て方の名称を、日本語とイタリア語の両方で答えてください。
  22. あてはまる、ぶどうの病虫害を答えてください。(英語とフランス語も)
    「生育中のブドウ果粒が白い粉状の胞子で覆われてしまい、果粒の表皮成長が妨げられるが、果肉は成長し続ける。そのため、ブドウ果粒が裂かれ、果粒はミイラ化あるいは腐敗してしまう原因となる」
  23. Downy mildewの対応策を答えてください。
  24. 19世紀中頃にフランスなどのヨーロッパで甚大な被害をもたらした、北米大陸原産の1mmほどの昆虫の名前を答えてください。
  25. 日本で被害最大のぶどうの病虫害を、日本語と英語で答えてください。
  26. ボトリティス・シネレアと呼ばれるカビによって引き起こされる、ぶどうの病虫害を日本語と英語とフランス語で答えてください。
  27. ボルドー液は何と何と何の混合溶液か、答えてください。
  28. 受粉・結実がうまくいかず果房につく果粒が極端に少なくなる、ぶどうの生理障害をなんというか、答えてください。
  29. ウィルス病の代表例を挙げてください。(3つ)
  30. 細菌による病害を答えてください。
  31. ヨーロッパに伝播したのは何世紀か答えてください。
    ①Powdery mildew, ②Downy mildew, ③Phylloxera

ちからだめし 答え

  1. V.amurensis/V.coignetiae
  2. V.vinifera
  3. V.labrusca/V.riparia/V.rupestris/V.berlandieri
  4. V.riparia/V.rupestris/V.berlandieri
  5. V.coignetiae
  6. V.labrusca
  7. クローン・セレクション
  8. マサル・セレクション
  9. ①10〜16℃, ②1000-1500時間, ③500-900mm
  10. 日照と温度
  11. 北緯も南緯も30-50度
  12. ①果皮の内側, ②種子の間
  13. ①色付き(着色期), ②成熟, ③開花, ④萌芽, ⑤樹液の逸出, ⑥展葉, ⑦収穫
  14. Pleurs→Débourrement→Feuillaison→Floraison→Véraison→Maturité→Vendange
  15. ①土寄せ/Buttage, ②剪定/Taille, ③畝くずし/Débuttage, ④新梢の固定/Accolage, ⑤収穫/Vendange
  16. ①約100日, ②約40日
  17. 傷つき(酸化)防止/選果可能/機械収穫できないところも摘める
  18. 垣根仕立て
  19. 棒仕立て
  20. 株仕立て/Gobelet
  21. 棚仕立て/Pergola
  22. ウドンコ病/Powdery mildew/Oïdium
  23. ボルドー液の散布
  24. フィロキセラ
  25. 晩腐病/Ripe rot
  26. 灰色カビ病/Gray mold(Grey mold)/Pourriture grise
  27. 硫酸銅、生石灰、水
  28. 花振い
  29. ブドウ・リーフロール(葉巻病)/フレック/コーキーバーク
  30. ピアス病
  31. すべて19世紀。教本記載は①1850年頃, ②19世紀後半(1878年), ③19世紀中頃

※仕立て方は、JSA教本の絵を見てどれなのかわかるようにしておいてくださいね…!!

なつかし&はずかしの替え歌 ブドウの生育サイクル(空も飛べるはず/スピッツ)

 

世代や好みもあるので万人に有効ではないと思いますが^^;
もしお役に立つ方がいらっしゃいましたら幸いです。

※歌詞の中で最新教本内容と異なる部分は( )でくくっています。最新情報に合わせて変えて歌ってください。

 

 

11~12月 土寄せ Buttage
1~3月   剪定 Taille
樹液の溢出 Pleursで10度
萌芽 Débourrement
展葉 Feuillaison
5月つぼみは Bourgeon á fleurs
6月 開花 Floraison
結実 Nouaison
7~8月に着色 Véraisonで
40日 たつと成熟よ
8~9月 成熟 Maturite
9~10月に収穫 Vendange
開花から100日後

なつかし&はずかしの替え歌 栽培に関する条件(勇気りんりん/ドリーミング)

気温は10から20度
ワインは16度まで
北緯30から50度
南緯も30から50度
日照1000から1500
降水量は500−900

なつかし&はずかしの替え歌 ぶどうの病虫害(Marionette/BOOWY)

ウドンコ病はOïdium 
いや困る1850のよ
硫黄が有効 白い粉の胞子 裂ける

そしてベト病はMildiou
嫌なやつ1878だぜ
ボルドー液で白かびの落果を防ぐ

晩腐病 和食弁当
Ripe rot 完熟期に最大
淡褐色→紫褐色 病斑

灰色カビ病 Pourriture grise
イプロジオン 貴腐
Botrytis cinerea菌だ

ウィルス病は20種
ブドウリーフロール 葉巻
フレック コーキーバーク
ピアスは細菌のせい

Phylloxeraはアブラムシ
いや無残1863にやられたよ
アメリカのV.rupestris
台木にして接ぎ木した

※「和食弁当」は「ワイン受験ゴロ合わせ暗記法」より。和=日本、食=ショック=被害最大、弁当=ベンレート

<修正したほうがいい部分>

  • ウイルス病:約50種以上
  • 病虫害は英語名も覚える(昔はフランス語しか出題されていなかったので、英語が入っていません…)

なつかし&はずかしの替え歌 花振い(come again/m-flo)

花振いは
窒素過多 
ホウ素欠乏 
強剪定
開花結実期の低温・多雨
フランス語ではCoulure
若木や勢力の強い結果枝に生じやすい
沢山のぶどうが落ちてダメになっちゃう
花流れとも言う

<修正したほうがいい部分>

  • 勢力:たぶん作成当時のとみたが間違えたんだと思います。「樹勢の強い」に変更お願いします


※その他の、とみたYoutube動画はこちら。チャンネル登録嬉しいです!



🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。

●記事に関するご意見やご質問、お仕事のご依頼などは、こちらまで

●せっかくのご縁ですから、ぜひ一緒にワインを飲みませんか?これから始まるとみたの講座やワイン会はこちら

●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたはこちら

お問い合わせに関してのおねがいはこちら

資料使用に関してのおねがいはこちら




📖👓🍇ソムリエ・ワインエキスパート試験関連の現在のおすすめ記事🍇👓📖

●2020年の受験講座案内はこちら

●ソムリエ・ワインエキスパート試験関連の記事(公開資料も含む)全てはこちら

●学習お役立ちツールはこちら

●時間捻出の一案はこちら

●小瓶交換のすすめはこちら

ソムリエ・ワインエキスパート試験に関してよくいただく質問はこちら

関連記事

【2019年】JSAソムリエ・ワインエキスパート試験対策テイスティング集中講座

【2019年】JSAソムリエ・ワインエキスパート試験対策テイ..

3026 views

【2017年】替え歌:ヴォーヌ・ロマネ Vosne-Romanée

【2017年】替え歌:ヴォーヌ・ロマネ Vosne-Roma..

6595 views

【2019年】イタリア20州の特徴・位置・代表DOP

【2019年】イタリア20州の特徴・位置・代表DOP

55659 views

【2019年】あなたに向いてる二次対策講座は?

【2019年】あなたに向いてる二次対策講座は?

5937 views

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

タグクラウド