【2023年】イタリア1(概略、ワイン法、20州とランドマーク)|ソムリエ・ワインエキスパート試験

最新のお知らせ

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策のまとめ資料は、諸事情により現在掲載しておりません。

現時点での最新のまとめ資料は、レコール・デュ・ヴァンの受験対策講座の受講生限定で配布しております。

3月に2024年度ソムリエ教本が発売されましたら、変更点などを確認次第、反映更新して、レコール・デュ・ヴァンの担当クラス受講生へ優先で配布予定です。それから、手直しなどをして、当サイトでも一部無料公開予定です。

理由は、貴重なお時間とお金をかけてくださっている講座受講生を優先にしたいことと、もし修正があった場合にその都度の対応に結構時間が必要なこと、不特定多数が任意のタイミングでダウンロードされていると古いバージョンと新しいバージョンが混在することなどからです。

講座受講生優先で配布し、手直しなどがあれば行なってからの公開になりますこと、ご理解くださいませ。今のところ、三月後半以降から順次UP予定です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

▼受験説明会(無料)
渋谷校、新宿校、オンライン。お気軽にぜひ。
https://www.duvin.jp/trial/2216

▼2024年2月末〜3月開始 ソムリエ・ワインエキスパート資格対策【実戦】講座(全20回)
・ご来校(渋谷&新宿):https://www.duvin.jp/course/2211
・オンライン(水曜19時。録画も常にあります):https://www.duvin.jp/course/2261

▼2024年3月開始 ソムリエ受験対策【サービス実技講座】(全8回)
論述対策も込み。お得です。
https://www.duvin.jp/course/2263

▼3月15日(金)ドン・ペリニョン古酒垂直 !星のワイン×鮨三カ田×パフェバーKINO スペシャルコラボワイン会(単発のワイン会)
ドン・ペリニョンを1964年から垂直で。貴重です。
https://forms.gle/LsFAR8GePE5ow6f77

▼2024春からはじめるワイン・ベーシック講座(全10回)
概ね月1〜2回のゆったりペースで、ワインの基礎を体系的に楽しく学ぶ講座です♪
https://www.duvin.jp/event/2310

▼5月19日(日)ブルゴーニュ グランクリュづくしのマリアージュ(単発講座)
DRC、アルマンルソー、ヴォギュエなど。一緒に至福の夜を過ごしませんか。
https://www.duvin.jp/event/2301

いつもありがとうございます。今日も一日、皆様に素敵なことが沢山ありますように🙏✨

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

まとめ資料

  • 現在は掲載しておりません。
  • 2024年の教本が発売されてから、変更点などを確認次第、2024年度版を一部公開します。

過去問・類問・練習問題に挑戦!

  • こちらも正式な更新は2024年の教本が発売されてから、変更点などを確認次第、2024年度版に更新してまいります。
  • ランダム出題です。オフラインでも動作しますので、最初にネット環境でこのページにアクセスさえしていれば、地下鉄等でも楽しめます。
  • もし不具合を見つけてくださった場合は「お問い合わせ番号」をお知らせくださるとありがたいです!
  • 過去問・類問集の全てはこちら
2807
Created on

イタリア

伊 概略、ワイン法、20州とランドマーク

1 / 29

地図の2に該当する州名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA35)

2 / 29

古代ギリシャ人がイタリアを「エノトリア・テルス」と言ったが、その意味に該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA15)

3 / 29

地図の8に該当する州名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA38)

4 / 29

地図の9に該当する州名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA39)

5 / 29

地図の4に該当する州名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA36)

6 / 29

近年、イタリアでD.O.C.G.の多い州の組み合わせを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA16)

7 / 29

イタリアで最初の原産地呼称法が制定された年を1つ選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA30)

8 / 29

イタリアの Vino Novello の解禁日を1つ選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA28)

9 / 29

イタリアのVino Novelloにおいて、炭酸ガス浸漬法で造られたワインは最低何%以上含まれている必要があるかを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA29)

10 / 29

次のアドリア海沿岸のイタリアワインの生産地の中から最も南に位置しているものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA1)

11 / 29

イタリア半島の西側にある海を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA24)

12 / 29

イタリアの北側にある山脈を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA22)

13 / 29

地図の13に該当する州名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA40)

14 / 29

イタリアで栽培面積が最大のぶどう品種を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA26)

15 / 29

イタリアにおいて、I.G.P.のワインは何%以上がその土地で造られたものであるか、該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA31)

16 / 29

イタリアについて正しいものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA17)

17 / 29

イタリアに本格的なぶどう栽培を伝えた人々を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA19)

18 / 29

古代、エトルリア人が広めた栽培方法で、他の樹木にブドウの蔦を絡ませる方法に該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA20)

19 / 29

イタリアのヴィン・サントの発酵熟成に用いる小樽を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA33)

20 / 29

ソアーヴェ、タウラージ、エトナに共通する土壌を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA34)

21 / 29

イタリアで最も広く栽培されている白ブドウ品種を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA27)

22 / 29

地図の6に該当する州名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA37)

23 / 29

イタリア半島の東側にある海を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA25)

24 / 29

イタリアにおいて、統制保証原産地呼称ワインに該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA32)

25 / 29

地図の15に該当する州名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA41)

26 / 29

イタリアの半島の真ん中を貫く山脈を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA23)

27 / 29

16世紀の歴史家、地理学者であると同時にローマ教皇パウルス3世のワイン担当者でもあった、ソムリエの先駆けのような人物を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA21)

28 / 29

選択肢の中で最南のイタリアの州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA2)

29 / 29

イタリアについて正しいものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA18)

Your score is

0%

1029
Created on

イタリア

伊 全体にまたがる問題

1 / 14

イタリアで「ローマの穀物庫」と呼ばれた州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA76)

2 / 14

州都がアドリア海の女王と讃えられる、イタリアの州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA100)

3 / 14

次のアドリア海沿岸のイタリアワインの生産地の中から最も南に位置しているものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA1)

4 / 14

D.O.C.G.Castel del Monte Bombino Neroの生産州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA33)

5 / 14

イタリアのD.O.P.チーズ、Pecorino Romanoの生産州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA52)

6 / 14

アドリア海に面する州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA309)

7 / 14

エトナ火山があり、D.O.C.Etnaを生産する州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA81)

8 / 14

イタリアの北部に位置し、面積が最も小さい州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA4)

9 / 14

古代オリンピック勝者に与えられたKrimisaを祖先としたワインである、D.O.C.Ciròが生産される州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA14)

10 / 14

バルサミコ酢が名産で、モデナがある州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA9)

11 / 14

選択肢の中で最南のイタリアの州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA2)

12 / 14

Parmiggiano Reggianoで有名なイタリアの州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA8)

13 / 14

地中海性気候で、アフリカのサハラ砂漠からの風シロッコが吹く産地を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA84)

14 / 14

レモンの皮で造るリキュール「リモンチェッロ」が生産されている州を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA20)

Your score is

0%

なつかし&はずかしの替え歌 

▼【なつかしの替え歌】イタリア20州と州都 北から(Black Cherry/Acid Black Cherry)
https://tomiwine.com/kaeuta-78

▼なつかしの替え歌記事ぜんぶ(まだ全部できてませんがタグでソート)
https://tomiwine.com/tag/natsukashinokaeuta

おすすめ息抜き

▼「最後はなぜかうまくいくイタリア人」
教本イタリア章を執筆されている宮嶋勲先生の本。イタリア人の気質がよくわかります。笑います。https://amzn.to/3t1hu1V

関連記事

▼当サイトのイタリアの記事
https://tomiwine.com/jsa/jsa1/italy

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

<今、ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ講座&記事>

▼受験説明会(無料)
渋谷校、新宿校、オンライン、いくつか担当します。お気軽にぜひ。
https://www.duvin.jp/trial/2216

▼受験説明会でよくいただくご質問
https://tomiwine.com/good-5

▼合格率や出席率等お気遣い不要ですよという話
https://tomiwine.com/blog-47

▼2024年度ソムリエ・ワインエキスパート資格対策【実戦】講座(全20回)
・ご来校(渋谷&新宿):https://www.duvin.jp/course/2211
・オンライン(水曜19時。常に録画あります):https://www.duvin.jp/course/2261

▼2024年度 ソムリエ受験対策【サービス実技講座】(全8回)
https://www.duvin.jp/course/2263

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたはぜひ。
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
とみたに何かしてあげたいというお心の優しい方は、こちらがうれしいです。
https://tomiwine.com/info-82

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP