【2023年】イタリア2(ピエモンテ州)|ソムリエ・ワインエキスパート試験

最新のお知らせ

▼12/1(金)フランス五大白ワイン&ボルドー五大シャトーのマリアージュ
豪華すぎるワインたち。忘れられない夜となるでしょう。
https://www.duvin.jp/event/2227

▼【短期集中】2024年度 ソムリエ・ワインエキスパート受験対策 入門講座(全6回)
早割で10%オフ、説明会参加で3000円引き、過去に不合格で20%オフ、などキャンペーン満載のお得な講座です。受験を検討されてない方、受験を経験された方の復習・更なるブラッシュアップでもぜひ。https://www.duvin.jp/course/2262

▼2024年度ソムリエ・ワインエキスパート資格対策【実戦】講座(全20回)
上記の短期集中入門講座が助走なら、こちらは本格的に全力疾走の講座です。短期集中入門講座とセットで割引、こちらも説明会参加で割引、再チャレンジで割引などあります。一緒に頑張りましょう!
https://www.duvin.jp/course/2211

▼2024年度 ソムリエ受験対策【サービス実技講座】(全8回)
ソムリエ受験の方は、日時が可能でしたら絶対に受講した方がいいと思います。論述対策も込みになっています。
https://www.duvin.jp/course/2263

いつもありがとうございます。今日も一日、皆様に素敵なことが沢山ありますように🙏✨

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

※2023年度の教本反映に関して:一枚目の資料のみ、教本更新点を反映変更しました(主にAstiについて)。あとは仮バージョンから変更はありません。

※練習問題②左側真ん中、選択肢が不適切でしたので修正しました。
※練習問題④左側真ん中、教本の変更につき問題が不適切になっておりましたので、削除しました。ともなってスペースが空いてしまったので、練習問題⑥の最後の問題を持ってきています。

 

過去問・類問に挑戦!

各分野まとめ資料の、赤文字からの出題です。4択でランダム出題です。ぜひやってみてください。オフラインでも動作しますので、最初にアクセスさえすれば地下鉄等でも楽しめます。

※もし不具合を見つけてくださった場合は「お問い合わせ番号」をお知らせくださるとありがたいです!
※過去問・類問集の全てはこちら

2543
Created on

イタリア

伊ピエモンテ州

1 / 35

ピエモンテ州でNebbioloから生産されるワインを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA85)

2 / 35

2020年に認定された、最も新しいD.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA101)

3 / 35

ピエモンテ州のD.O.P.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA71)

4 / 35

ピエモンテ州のヴェルチェッリ県で造られる D.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA97)

5 / 35

ピエモンテ州の名産品として特に有名なものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA75)

6 / 35

甘口であったバローロを長期熟成辛口赤ワインに生まれ変わらせたフランス人醸造家を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA93)

7 / 35

2014年に世界文化遺産認定された、ピエモンテのブドウ畑の景観に該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA90)

8 / 35

Moscato BiancoでつくられるD.O.P.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA73)

9 / 35

ピエモンテ州で発泡性ワインが生産されるD.O.P.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA67)

10 / 35

ピエモンテ州ノヴァーラ県で生産されるD.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA92)

11 / 35

ピエモンテ州で生産されるD.O.C.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA88)

12 / 35

Piemonte州の混成酒を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA79)

13 / 35

ベルモットと関係の深いピエモンテ州の地名を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA72)

14 / 35

Piemonte州で、発泡性ワインの生産が認められているD.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA95)

15 / 35

ピエモンテ州でDolcettoから造られるD.O.P.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA98)

16 / 35

Piemonte州で発泡性ワインのみが生産されるD.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA87)

17 / 35

ピエモンテ州に最も関係の深いものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA91)

18 / 35

Piemonte州のクーネオ県で生産されるワインを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA83)

19 / 35

Barbarescoの産出村を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA80)

20 / 35

Baroloの産出村を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA78)

21 / 35

Canelli, Santa Vittoria d’alba, Strevi の3つのSottozonaが認められているD.O.C.G.を選んでください。(問題整理番号:)

(お問い合わせ番号:ITA66)

22 / 35

ピエモンテ州でSpannaから生産されるD.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA96)

23 / 35

次のイタリアワインの中からピエモンテ州の赤のD.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA70)

24 / 35

Barbarescoの産出村を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA77)

25 / 35

Piemonte州でDolcettoが主要品種のワインを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA82)

26 / 35

ピエモンテ州で生産されるD.O.C.G.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA89)

27 / 35

ピエモンテ州でNebbioloから生産されるワインを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA86)

28 / 35

ピエモンテ州のD.O.C.Gで白、 赤ともに生産が認められているものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA69)

29 / 35

BaroloとBarbarescoに影響を与える川を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA76)

30 / 35

D.O.C.G.Baroloの西側、La MorraやBaroloに多く見られる土壤を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA84)

31 / 35

ピエモンテ州に該当するものを選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA100)

32 / 35

1861年から1865年までイタリア王国最初の首都となった都市を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA94)

33 / 35

Nebbioloの由来を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA74)

34 / 35

Baroloの産出村を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA81)

35 / 35

ピエモンテ州のD.O.P.を選んでください。
(お問い合わせ番号:ITA99)

Your score is

0%

なつかし&はずかしの替え歌 

▼【なつかしの替え歌】ピエモンテ(勝手にシンドバット/サザンオールスターズ)
https://tomiwine.com/kaeuta-62

▼なつかしの替え歌記事ぜんぶ(まだ全部できてませんがタグでソート)
https://tomiwine.com/tag/natsukashinokaeuta

おすすめ息抜き

▼「偏愛ワイン録」
バルバレスコで著名なアンジェロ・ガヤさんほか、ワイン業界の帝王とも言われる伝説の方々へ、ADVでも講師をされている葉山考太郎先生がインタビュー。それぞれのお人柄が伝わってきて、とても面白いです。 https://amzn.to/2MlPeDl

関連記事

▼当サイトのイタリアの記事
https://tomiwine.com/jsa/jsa1/italy

▼みんなのゴロ合わせ
卒業生のみなさまのゴロです。特に蒼黒野郎さん、寺居達雄さん、DOCGの笑っちゃう語呂をたくさん考えてくださっています✨
https://tomiwine.com/goro

__

<今、ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ講座>

▼【短期集中】2024年度 ソムリエ・ワインエキスパート受験対策 入門講座(全6回)
元々お得な価格設定なのに、さらに早割で10%オフ、説明会参加で3000円引き、再チャレンジで20%オフ、などキャンペーン満載でお得すぎる講座です。受験を検討されてない方、受験を経験された方の復習・更なるブラッシュアップでもぜひ。
https://www.duvin.jp/course/2262

▼2024年度ソムリエ・ワインエキスパート資格対策【実戦】講座(全20回)
上記の短期集中入門講座が助走なら、こちらは本格的に全力疾走の講座です。短期集中入門講座とセットで割引、こちらも説明会参加で割引、再チャレンジで割引などあります。一緒に頑張りましょう!オンラインもあります。
https://www.duvin.jp/course/2211

▼2024年度 ソムリエ受験対策【サービス実技講座】(全8回)
ソムリエ受験の方は、日時が可能でしたら絶対に受講した方がいいと思います。論述対策も込みになっています。
https://www.duvin.jp/course/2263

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。上記「とみライン」と内容はほぼ同じです。受け取ってあげてもいいよ、というかたはぜひ。
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
とみたに何かしてあげたいというお心の優しい方は、こちらがうれしいです。
https://tomiwine.com/info-82

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP