【2022年】日本 Japan|ソムリエ・ワインエキスパート試験

最新のお知らせ

⭐️これからの講座・ワイン会

▼7/9 ドン・ペリニョン垂直 !60年代〜現代まで10本のマリアージュ
高級シャンパーニュ古酒と、中国飯店さんの上品な夏の中華、至福です♪
https://tomiwine.com/info-90

▼7/167/17 おうちで総まとめ講座
ソムリエ・ワインエキスパート試験の一次試験開始直前の二日間で全範囲を総復習しよう!というライブ配信のオンライン講座です。リンク先にサンプル動画もあります。このままじゃ不安だという方、まだ間に合いますよ…!

①1日目:7月16日(土)
https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13608

②2日目:7月17日(日)
https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13609

 

 

▼7/23&7/25開始 Step-α
とても素敵なワインがじゃんじゃん出てきながら、6大品種をさらに深く極める講座です。全6回、二年半の振替期間がありますので安心です。

①銀座校(月朝):https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13451

②ライブ配信(金昼):https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13463

 

⭐️おうちワイン・その他セット

 

▼酒精強化・ハードリカーテイスティングセット(小瓶45種)
https://www.adv.gr.jp/shop/ProductSpecials/detail/2022exam

毎年二次対策時期に販売され売切で再販のご要望の多かったセット!今年は早くから販売してくださるようになりました。蒸留酒やリキュールはしっかり蓋をしておけば二次試験までもちますし、座学の酒類飲料概論の暗記にも役立ちますので、超オススメです。(二次試験日まで数回に分けての予約販売です。たまたま販売していない期間でも、また後に始まりますのでチェックされてください。)

いつもありがとうございます。今日も一日、皆様に素敵なことが沢山ありますように🙏✨

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

過去問&類問に挑戦!

<過去問&類問に挑戦!について>

無料のツールなので成績表示や保存機能などはないのですが、以下のようなメリットがあります。

<5つのメリット>

①アプリのダウンロードやログインがいらない

②オフラインでも動作するので、地下鉄などでもできる(ページに最初アクセスするときだけ電波は必要、問題スタートしたらその後は電波がなくても4択問題を進められる、ということです)

③有料ではないため、たとえば「◯万問もあります!」などと問題数の多さを誇って集客をする必要がないので、問題数稼ぎの無駄な問題を入れていない

④全て富田葉子本人が自信と責任をもって作成・編集している(それを卒業生の皆様が校閲してくれています)

⑤それでも無料である

<3つの留意点>

①教本の改訂により、過去出題時と現在で解答の相違のある問題は、削除または最新教本に則すように改変しています(これが地味に大変なのでいつも卒業生の皆様に助けていただいています。大感謝)。

②同じような問題も、選択肢が異なればバリエーションとして載せていることがあります。

③随時更新中。2021年度版と、2022年度版で編集・作成方針が異なります。

2021年版まで:主にCBT試験になってからのデータを参考に作成しつつ、昔の紙試験時代の問題も取り入れていました。紙試験時代、CBT試験時代、両方網羅できる状態でした。

2022年度版:CBT試験になってからのデータを参考に作成し、しばらく出題を聞かない古い問題は削っています。最新情報を優先にして絞り、受験生の負担を減らすためです。また、簡単ですが解説もつけました。「★」マークは特に優先で解けるようになっていただきたい問題です。

<おねがい>

もし修正した方がいい箇所等、お気づきの点がありましたらご指摘ありがたいです!こちらの都合で恐縮ですが、ランダム出題なので「◯問目」と教えていただいても特定が困難なため、お手数ですがもしご指摘くださる際は「問題整理番号」をご活用くださると嬉しいです。誤植のご指摘はこちらへお願いします!

過去問&類問集の全単元一覧はこちら

あなたの正解数は:  

あなたのレベルは:  

まとめ資料

ちなみに私が初めて日本ワインで感動したのは、たしか十年前くらい、宮崎の友人が送ってくれた都農ワインのシャルドネでした。(^^)

おすすめ息抜き

▼「日本のワインで奇跡を起こす」
中央葡萄酒の、三澤さん親子の本。感動します。
https://amzn.to/2MrQnt4

▼「ウスケボーイズ」
日本ワインといえば、これも読んで欲しいなぁ。感動します。
https://amzn.to/2QfjdxT

▼「ゼロから始めるワイナリー起業」
長野県のはすみふぁーむの蓮見さんが書かれた本。ワイナリー始めたくなります。
https://amzn.to/2UqiKi9

▼「ボルドーでワインを造ってわかったこと」
メルシャン醸造家の安蔵さんの本。とても勉強になります。
 https://amzn.to/34MsJTY

▼「もっとMBA マスカット・ベーリーAの魅力と可能性」
もっとマスカット・ベーリーAが楽しくなります。読みやすいです。
https://amzn.to/3IbIvpX

 

<日本ワインの監修させていただきました>

農水省Webマガジンaffさま
世界も認める「日本ワイン」を知ろう!
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2101/spe1_01.html

 

<ワイン法について参考>

国税庁「果実酒等の製法品質表示基準」について
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/hyoji/kajitsushu/index.htm

国税庁「国内製造ワインの概況」
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/shiori-gaikyo/seizogaikyo/kajitsu/pdf/h30/30wine_all.pdf

 

<上山市の「洞爺湖サミットで出されたスパークリング」について参考>

以下の記事が面白いと思いました。タケダワイナリーの岸平典子さん、すごいです。

前編)洞爺湖サミットで供された “幻のスパークリングワイン”を造った跡取り娘
https://project.nikkeibp.co.jp/bpi/atcl/column/19/165807/

後編)「お父さん、社長を辞めてください!」 娘の経営方針は“拡大しすぎないこと”
https://project.nikkeibp.co.jp/bpi/atcl/column/19/167096/

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

<ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ>

▼一次対策記事一覧
https://tomiwine.com/jsacontents

▼ソムリエ・ワインエキスパート試験の初期によくいただくご質問
https://tomiwine.com/sowe

▼学習お役立ちツール
https://tomiwine.com/tools

▼ペーパーレスでの勉強法
https://tomiwine.com/blog-51

▼しんどい時期、どう乗り越えた?(卒業生のアドバイス)
https://tomiwine.com/jsa-2 

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP