資料集【2019年】ジュラ、サヴォワ、アルザス Jura, Savoie, Alsace

【2019年】ジュラ、サヴォワ、アルザス Jura, Savoie, Alsace


💌最新のお知らせ💌

●アカデミー・デュ・ヴァン2020年春〜夏の講座お申込開始!とみたのアカデミー・デュ・ヴァン担当講座はこちら

●3月初週スタート!ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座はこちら

●今年もやります!3/29の屋形船でお花見ワイン会はこちら

●今だけ早割中!4月スタートの楽しいワイン基礎講座Step1はこちら

●結局これから始まるワイン会や講座はどれなの?これから始まるとみたの講座やワイン会一覧はこちら

●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリスト「富組」にご参加ください

●新しい形で動画も頑張りたいです。まだ過去の替え歌中心ではありますが、とみたのYouTubeはこちら。チャンネル登録嬉しいです!

●お仕事のご依頼も嬉しいです。お気軽にお問い合わせくださいませ

●サイトリニューアルを考えておりまして、少しずつ変更したりしている関係で、一部ご不便をおかけします。よりよくなるよう頑張ります!

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷



参考資料&該当範囲

●2019年度日本ソムリエ協会教本:P320からP325、P350からP359
●2019年度アカデミー・デュ・ヴァン受験テキスト:チャプター6と9

 

まとめ資料

ちからだめし 問題

確認問題です。やってみてください。過去問や模擬試験のように選択式ではありませんが、より効果があると思います。(^^)

(アルファベット表記に関して:試験は選択式のため、基本的にアルファベット表記の原語は見てわかれば良く、書けなくて構いません。ここの問題に関しては、カタカナで答えてOKです。)

  1. 以下のシノニムを答えてください。
    ①Pinot Blanc, ②Chardonnay, ③Altesse
  2. 当てはまるぶどう品種を答えてください。
    ①サヴォワにキプロスからもたらされたとされる白ぶどう, ②サヴォワで栽培/耕作面積が最大の白ぶどう, ③ジュラで栽培/耕作面積が最大の白ぶどう, アルザスの黒ぶどう
  3. 以下のAOCの生産色を答えてください。
    ①Château Chalon, ②l’Étoile, ③Arbois
  4. 細菌学の父と呼ばれ、アルコール発酵の原理の解明や低温殺菌法の発見でワイン醸造にも大きな功績を残した人物に関して、以下を答えてください。
    ①名前, ②少年時代を過ごした町
  5. ヴァン・ジョーヌについて、答えてください。
    ①品種, ②産膜酵母下での最低熟成期間, ③熟成中に禁止されていること(フランス語で), ④容器の名前, ⑤容器の容量, ⑥少なくとも収穫から何年目の12月15日以降まで熟成させるか, ⑦なんと呼ばれる芳香成分により複雑なフレーヴァーが生じるか, ⑧Jauneの意味
  6. ヴァン・ド・パイユについて、答えてください。
    ①藁やすのこの上での最低乾燥期間, ②少なくとも収穫から何年目の11月15日まで熟成させるか, ③木樽での最低熟成期間, ④Pailleの意味
  7. 以下AOCの生産色とセパージュを答えてください。
    ①Seyssel, ②Bugey Cerdon méthode ancestrale
  8. あてはまるものを答えてください。
    ①アルザスの西にある山脈, ②アルザスの東にある川, ③サヴォワを流れる川
  9. 気候を答えてください。
    ①アルザス, ②ジュラ, ③サヴォワ
  10. Alsace Grand Cruについて、答えてください。
    ①生産色, ②原則的な許可品種4つ, ③51番目にグラン・クリュに認められたリューディー
  11. 品種に関して以下の例外を持つグラン・クリュを答えてください。(2つ)
    「Gewürztraminer, Pinot Gris, Rieslingのいずれかを単一で醸造、または混醸」
  12. 品種に関して以下の例外を持つグランクリュを答えてください。
    「Gewürztraminer, Pinot Gris, Riesling, Sylvanerのいずれかを単一で醸造」
  13. Vendanges Tardivesの最低果汁糖分含有量が何g/Lかを答えてください。
    ①Riesling, ②Pinot Gris, ③Muscat, ④Gewürztraminer
  14. Sélection de Grains Noblesの最低果汁糖分含有量が何g/Lかを答えてください。
    ①Riesling, ②Pinot Gris, ③Muscat, ④Gewürztraminer
  15. 生産色を答えてください。
    ①Crémant de Jura ②Crémant de Savoie ③Crémant d’Alsace
  16. 当てはまるものを答えてください。
    ①サヴォワ初のAOC, ②フランス国内で消費されるクレマン1位, ③栽培面積がフランス最小の地方
  17. 料理名を答えてください。
    ①レーズン入りブリオッシュ, ②肉と野菜の白ワイン蒸し煮, ③ヴァン・ジョーヌを使ったクリーミーな鶏の煮込み
  18. 以下の地方料理・食材の産出地方を答えてください。
    ①Comté, ②Choucroute, ③Tartiflette, ④Tarte flambée, ⑤Munster, ⑥Mont d’Or

ちからだめし 答え

  1. ①Klevner, ②Melon d’Arbois, ③Roussette
  2. ①Altesse=Roussette , ②Jacquère, ③Chardonnay=Melon d’Arbois ④Pinot Noir
  3. ①黄, ②黄藁白, ③黄藁赤白ロゼ
  4. ①ルイ・パスツール, ②アルボワ
  5. ①Savagnin100%, ②60ヶ月以上, ③Ouillage, ④Clavelin, ⑤620ml, ⑥6年目, ⑦ソトロン, ⑧黄
  6. ①6週間, ②3年目, ③18ヶ月, ④藁
  7. ①白(辛〜半辛)/Altesse=Roussette100%, ②発泡ロゼ甘口/GamayとPoulsard
  8. ①ヴォージュ山脈, ②ライン川, ③ローヌ川
  9. ①大陸性気候, ②半大陸性気候, ③海洋性気候
  10. ①白, ②Gewürztraminer/Pinot Gris/Riesling/Muscat, ③Kaefferkopf
  11. Altenberg de Bergheim/Kaefferkopf(※KaefferkopfはアッサンブラージュもOK)
  12. Zotzenberg
  13. ①244, ②270, ③244, ④270
  14. ①276, ②306, ③276, ④306
  15. ①発泡ロゼ白, ②発泡白, ③発泡ロゼ白
  16. ①Seyssel, ②Crémant d’Alsace, ③ジュラ
  17. ①Kouglof, ②Baeckeoffe, ③Coq au Vin jaune
  18. ①ジュラ, ②アルザス, ③サヴォワ, ④アルザス, ⑤アルザス, ⑥ジュラ

おまけ

ソムリエコンクールの決勝で、ジャン・マクルのシャトー・シャロンがでていましたね。たまたま内池直人先生とのコラボ講座「ヴァン・ジョーヌとシェリーの饗宴」で、シェリーと比較試飲して飲ませていただいたことがあるのですが、ジャン・マクルはめっっっっちゃエレガントで繊細ですよ…!!超美味しい。

ヴァン・ジョーヌもシェリーも、素晴らしい歴史を持っていてお食事に幅広く合わせることのできる素敵なワインだけど、いまいち身近じゃない方も多いと思うので、もっともっとみんなに気軽に楽しんでほしいなって心から思います。

産膜酵母の扱いや考え方は、ジュラとヘレスでは随分と異なります。もちろん根本的に気候や土壌や酵母や熟成法なども違います。特に有資格者の方はヴァン・ジョーヌとシェリーを「なんか似ている」ということで片付けてしまわず、ちゃんと双方を一緒に勉強してくれたら嬉しいなぁ、というのが正直な願いです…!!

これはシャトー・シャロンの産膜酵母を樽の栓を開けて上から見た状態です。シェリーのフロールとは違いますよね。

シャトー・シャロンの生産者(Domaine Berthet-Bondet)が「シェリー風にヴィンテージを混ぜて造った」ということから名前をつけた、「クリアデラ」という商品があり、面白いので現地で何本か買いました。
※受講生と一緒にみんなで飲んでしまって、今もう私の手元にはありません。。。

アルザスの、ストラスブールの大聖堂と町並みです。童話の町みたいで、可愛いのですよね。

教本にある「木骨組み漆喰固めの家」ってこんな感じ。骨組みが模様として外に出てるような。

「アルザスといえば」の名物料理のひとつ、シュークルート。ドイツ語でザワークラウト=酸っぱい葉っぱ。これはお肉がっつりでした。
違うお店で、お魚の上品版もありました。全然違って、どちらも美味しかったです。

ジュラもアルザスも、大好き!(どこも行ったら好きになるのは同じだと思いますけど)ぜひ行ってみてほしいし、私もまた行きたい…(*´ω`*)



🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。

●記事に関するご意見やご質問、お仕事のご依頼などは、こちらまで

●せっかくのご縁ですから、ぜひ一緒にワインを飲みませんか?これから始まるとみたの講座やワイン会はこちら

●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたはこちら

お問い合わせに関してのおねがいはこちら

資料使用に関してのおねがいはこちら




📖👓🍇ソムリエ・ワインエキスパート試験関連の現在のおすすめ記事🍇👓📖

●2020年の受験講座案内はこちら

●ソムリエ・ワインエキスパート試験関連の記事(公開資料も含む)全てはこちら

●学習お役立ちツールはこちら

●時間捻出の一案はこちら

●小瓶交換のすすめはこちら

ソムリエ・ワインエキスパート試験に関してよくいただく質問はこちら

関連記事

【2018年】オーストリア、ハンガリー

【2018年】オーストリア、ハンガリー

5295 views

【2019年】ブルゴーニュ Bourgogne

【2019年】ブルゴーニュ Bourgogne

65910 views

【2019年】コニャック/アルマニャック/カルヴァドスの熟成表示を覚えよう!

【2019年】コニャック/アルマニャック/カルヴァドスの熟..

2523 views

【2019年】ワイン概論3(ワインの醸造)

【2019年】ワイン概論3(ワインの醸造)

11443 views

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

タグクラウド