ワインテイスティング練習用シート

シェリーのテイスティングシートを共有しましたので、普通のワインの方も。


使い方。

まず、「①外観」「②香り」「③味わい」を分析して記入します。

次に、①〜③の分析から考えた結論部分を、「④結論」に書きます。

最後に、なぜその結論にしたかや、感想、答え合わせをした後で思ったことなどを「⑤メモ」に書いてください。まぐれ当たりでは意味がなく、当たったらなぜ当たったか、外れたらなぜ外れたかを、しっかりと分析して次に活かすために重要です。

※シートに書いてある語句は、使いやすそうなものを一例として載せています。マルつけるだけなら楽かなと思い記載しているだけですので、これじゃなきゃいけないわけではありません。もしピンとくるものがなければ「その他」のところに自由に書いてください。

※とみたが総合講座用に作成しているもので、JSAやWSETの試験用テイスティングシートとは異なります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆

お読みくださって、どうもありがとうございました。

少しでもお役に立てば幸いです(^^)

●この記事に関するご意見やご質問は、こちら

●ご一読ください:「資料使用に関してのお願い

●現在募集中のとみたの講座やワイン会は、こちら

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP