ソムリエ・ワインエキスパート資格対策あなたに向いてる二次対策講座

あなたに向いてる二次対策講座

【募集】JSA二次試験対策講座」について、「いっぱいありすぎて、どれをとったらいいのかわからない!」というご質問をいただきますので、個人的なおすすめを書きます。

まず、講座を3つに分けてみました。

1、基礎編
(「二次テク」は基本的なコメントの書き方、「最頻出6品種」は代表品種の特徴です。)

  • 二次対策の基本と得点テクニック:白ワイン編(二次テク白)
  • 二次対策の基本と得点テクニック:赤ワイン編(二次テク赤)
  • 二次対策の基本と得点テクニック:ロゼワイン編(二次テクロゼ)
  • 最頻出6品種:フランス編(仏6種)
  • 最頻出6品種:新世界編(新6種)
  • 最頻出6品種:シャッフル編①(混合6種①)
  • 最頻出6品種:シャッフル編②(混合6種②)

2、分野別強化編
(基本的なコメントの書き方はある程度ご存知のものとして、進みます。)
  • シャルドネ&ソーヴィニヨン・ブラン比較(Ch&SB)
  • リースリング&冷涼産地品種比較(Ri&W)
  • カベルネ + シラー + メルロ比較(CS+Sy+Me)
  • ピノ・ノワール&淡い品種比較(PN&R)
  • イタリア + その他重要赤ワイン比較(伊+重要赤)
  • 日本ワイン(日本)
  • 酒精強化ワイン試飲
  • 蒸留酒試飲①琥珀系
  • 蒸留酒試飲②無色透明系
  • リキュール試飲①茶系
  • リキュール試飲②その他

3、本番シミュレーション編
(本番同様、各回、何が出るかわかりません。最終の腕試しに。)
  • 本番シミュレーション①
  • 本番シミュレーション②
  • 本番シミュレーション③
  • 本番シミュレーション④
  • 本番シミュレーション⑤
  • 本番シミュレーション⑥

次に、誠に僭越ながら皆さまの到達度も、大まかに3つに分けました。

  • アカデミー・デュ・ヴァンもしくは他のワインスクールなどで、体系的な全20回前後の「座学+テイスティング」の受験対策講座をご受講されている方

  • JSA方式のテイスティングコメントの書き方を、ワインスクールの単発講座などで「ピンポイントで学習済み」、もしくは本やインターネット等で独学の方

  • JSA方式のテイスティングコメントの書き方が、ほぼ未経験に等しい方

というわけで。

アカデミー・デュ・ヴァンもしくは他のワインスクールなどで、体系的な全20回前後の「座学+テイスティング」の受験対策講座をご受講されている方


2、分野別強化編」の、ご不安な分野をピンポイントでご受講されてから、「3、本番シュミレーション編」がいいと思います。

「二次テク」は既習で必要のない方が多いのではないかと思いますが、ご自身が習った先生ではない他の先生のおっしゃることも聞いてみたいとか、確認でもう一度おさらいしたいとか、その場合は有効と思います。ロゼは新しく加わりましたので、受講しておくといいかもしれません。

また、たとえば私の場合、全20回の「座学+テイスティング」の受験対策講座の際、1コマ2.5時間の授業時間のうち「2時間が座学で、30分がテイスティング」という時間配分が多かったです。まず一次試験なので、座学の解説に重きを置いていました。学校や先生によって時間配分が異なると思いますが、体系的な受験対策講座の中では、座学に重きを置いていらっしゃることが多いと思います。

この二次試験対策講座では、テイスティングのみで80分間使えますので、授業で学習したテーマであっても全く同じではなく、もう少し踏み込んだ解説が可能です。期待していてください。(^^)

JSA方式のテイスティングコメントの書き方を、ワインスクールの単発講座などで「ピンポイントで学習済み」、もしくは本やインターネット等で独学の方


どこまで到達されているか、個人差が非常に大きいと思います。

まず、どれでもいいのでご都合の合うコマをご受講いただいて、ちょうどいいようでしたらOKですし、もしも難しく感じられるようでしたら、「1、基礎編」からのご受講をおすすめします。

1、基礎編」の中の順番は、「二次テク」→「最頻出6品種:フランス編」→「最頻出6品種:新世界編」→「最頻出6品種:シャッフル編」にしていただくと、だんだんレベルアップできます。

その後は、「2、分野別強化編」→「3、本番シミュレーション編」へ進んでいただけると完璧です。

JSA方式のテイスティングコメントの書き方が、ほぼ未経験に等しい方


まずは「1、基礎編」の「二次テク」から、ぜひご受講くださいませ。白のみ、赤のみ、ロゼのみにしぼり、徹底的にコメントの作り方の解説を行ないます。

その後「最頻出6品種:フランス編」→「最頻出6品種:新世界編」→「最頻出6品種:シャッフル編」、そして「2、分野別強化編」→「3、本番シミュレーション編」へ進んでいただけると完璧です。

お待ちしています


ちなみに、私が受講生だった時は、全20回の受験対策講座でテイスティングも学習しているもののやっぱり全て不安でしたので(←心配性)、二次対策は行ける限りの全コマを受講しました。

これが最善とかではなく、あくまで一例としての自分の経験談ですが、私は、受験対策講座でお世話になった先生方はもう「どういうワインに対してどういうコメントをされるのか」が大体わかっているので、まだ受講したことのないよく知らない先生が担当される日程を優先的に選びました。結果、やはり先生によって多少見解が違うので、ちょっぴり混乱する部分もありましたけど、でもいろんな先生の考え方が聞けたことが、私は良かったと思っています。

(各先生方によるちょっとした見解の差異で混乱しやすく、それが精神的にマイナスに働く可能性のある方は、このようなやり方ではなく、一人の先生のおっしゃることを100%信じてついていったほうがいいでしょう。少なくともJSA受験の講師をしっかりとされている方なら、どの先生を信じてついていっても合格はできるはずです。)

・・・って、自分がいざ講師になってみると、自分のクラスを全20回受講してくださった方々も、できたら二次対策で一回くらいはお顔を見せに来てくれたら嬉しいなあ・・・!!なんて思うので、調子いいですね。笑

とみたの二次試験対策講座について


ご質問①:「二次対策の配布資料ってどんな感じ?」

A:もしかしたら部分的に別途補足資料がでてくる回もあるかもしれませんが、基本的には今まで通り、コメントの書き方や判別法などの全てを「富虎」一冊にまとめる予定です。富虎は今までと大きく変わりませんが、新しいロゼの項目などもあるので、二次対策編的に、ちょっと改定します。

ご質問②:「小瓶交換やる?」

A:数人の受講生と小瓶交換で集まる日が決まりましたので、もし来られる方は是非!とみたも参加します。
①9/20「淡い赤」終了後(14:50すぎ)
②10/2「酒精強化」終了後(12:20すぎ)
(※参考「小瓶交換のすすめ」)

お会いできるのを楽しみにお待ちしています!(^^)

【募集】JSA二次試験対策講座
アカデミー・デュ・ヴァンの二次対策講座のページ

関連記事

【随時更新】これから始まるとみたの講座やワイン会

【随時更新】これから始まるとみたの講座やワイン会

10721 views

シェリー受験関連記事の目次

シェリー受験関連記事の目次

1379 views

JSA関連記事の目次

JSA関連記事の目次

19223 views

【常に募集】メーリングリスト「富組」

【常に募集】メーリングリスト「富組」

6277 views

小瓶交換のすすめ

小瓶交換のすすめ

16434 views

「働くママ」のお役に立ちたいなぁ。

「働くママ」のお役に立ちたいなぁ。

4165 views

CBTレポート1(受験した感想)

CBTレポート1(受験した感想)

95155 views

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

タグクラウド