ブログ短眠のすすめ?(学習時間捻出のために)

短眠のすすめ?(学習時間捻出のために)

「なかなか勉強時間がとれない、でも睡眠時間を削ったら暗記効率が悪いってよくいうし、自分はショートスリーパーじゃないから最低でも◯時間は寝ないとダメだし、どうしよう…!」

 

というご相談をいただきますので、完全に私の経験による独断と偏見で、ご参考にまでに。

 

私はもともと寝るのが大好きで「自分は10時間以上寝ないとだめな人間だ」と思いこんでいました。しかし、かれこれ20年近く前にわりと若くして息子を産み、若い結婚なので恥ずかしながらそう簡単に上手くもいかず、2年程度でシングルマザーになり、実家は田舎の古い厳しい家でひとり娘だった私はほぼ勘当状態だったため親にも一切頼れず、子供に不自由な思いをさせまいとがむしゃらに働き、そんな状況なので何時間以上寝ないととか悠長なことは言っていられず、しばしば日によっては1時間程度しか寝られないこともありました。

 

ここでそんな苦労話をするつもりは全くないのですが、離婚してから数年間は比喩でなく朝も昼も夜も働いていたので、眠いけど働かなければ生活がままならないし、家にいるときに寝てしまったらまだ小さな息子がさみしい思いをするので、常に起きて諸々をこなすしかない、やるしかない状況でしたので必然的に短眠でした。

 

人間、特に大事な人のために「やるしかない」「背に腹はかえられない」という状況になれば、自然と無理もできるし少量の睡眠時間でも目覚ましなしに起きられるものだと、その頃の経験から私は思っております(きっと若かったのもあるけれど)。

 

そのかわり、さすがに起きっぱなしは難しいので、今も昔も隙間時間にちょこちょこと仮眠は取っています。おかげさまで移動中など、電車でもバスでもいつでもどこでも寝られるカラダになりました。ワイン会などでつい合間のまったり時間に寝てしまって、皆さまが宴も酣な頃に起きて独りでやたら元気になって鬱陶しがられることもあります。笑

 

そうそう、たまたま年明けに読んだ本に、こんな本がありました。
睡眠の常識はウソだらけ/堀大輔

 

世の「寝ないと体に悪い」的な説や、そのエビデンスとなっている有名な数々の実験データを、ことごとく否定する本でした。笑

 

ワインの受験講座を担当しているので記憶についての書籍などはよく読むのですが、脳の話と同じで、睡眠に関してもはっきりわかっていないのにまことしやかに言われていることが確かにたくさんありますよね。とはいっても、上記の本に書いてあることが全て正しいのかどうかは私は専門家でないのでわかりませんし、医療関係の方などご批判もあるかもしれません。ただ、今も深夜から朝まで諸々の作業をしてそのまま午前中から授業、複数コマの授業を終えて帰りは夜、ということが多々あるなかで、少なくとも私はこれを読んでから「あまり寝てないから今日はダメかもしれない、眠くなって当然、どこかで睡眠負債を解消しなきゃ」という焦りから解放されて元気に活動できているので、もしご興味がありましたらと思い、ご紹介します。

 

この本で個人的に一番しっくりきたのは、「三大欲求は全て快楽である」という考え方。たとえば食欲や性欲なら、枯渇している状態じゃなくても湧いてしまうことはあるし、かといって欲求のままにいつも満腹にしようとすればいいというものでもない…というのはわりと一般的と思います。同じ三大欲求なので、睡眠欲だけ特別扱いする必要もなく、同じ考え方でいいんじゃないでしょうか。三食きちんと食べなきゃ不健康とは限らず、いつも朝食を食べない人はそのほうが調子がいいのと同じように、みんなが七時間寝なきゃ不健康というわけでもなく習慣次第だ…と自分さえ納得していれば意外と平気です。気の持ちよう、と言うかなんと言うか。食欲も性欲も睡眠欲も、そんなに頑張って満たさなくても大丈夫よ。むしろ、ワイン用ブドウと同じで、ちょっと足りない気味のほうが調子がいいような気もする🍇✨

 

なんて私も、普段だいたい2時か3時か4時ごろ起きて勉強なり作業なりしているのですが、たまにうっかり9時間くらい寝ちゃうときもあります。やっぱり寝るのは快楽で気持ちいいことなので、食べ過ぎと一緒でちょっと気をぬくと欲に負けて多く寝てしまいます。

 

私は特にショートスリーパーというわけでもなく、結局平均すると毎日3〜4時間前後の「短眠気味」というところだと思います。それでも、毎日24時間のうち20時間近くを活動に使えるので、慣れればなかなか良いです(そのぶん夜中にガサゴソしたりして家族に迷惑をかけているかもだけど💦)。

 

極論、受験生の皆さまは、わざわざ辛い思いをして寝不足になって、無理をしてまで勉強する必要はないんじゃないかと思います。私がこんな言い方をするのはよくないと思うけど、誤解を恐れずに言えば「たかが資格試験」だし、たとえばお子さんの可愛い盛りは今しかないかもしれないし、もっと人生で優先すべきほかのことがあるならそれを先に行なうのもいいでしょう。試験勉強は自分や家族の生死にかかわるわけじゃないし、勉強自体があくまで「贅沢」だから、無理をせずちゃんと時間が作れる状況になってから、そのうち落ち着いて再チャレンジしたっていいでしょう。そのほうがご自身も周りも幸せかもしれません。

 

ただ、どうしても今年合格したくて、それなのにどうしても起きている間に時間が作れないのなら、何とかしてどこかで作るしかないので、少しくらい短眠に寄せるのもありなんじゃないかと、あくまで個人的な考えで私は思いますので、ご参考までにこの記事を書きました。

 

私も毎年みなさまの受験期は諸々に関して「どうにか時間を捻出して、やるしかない」ので、短眠に寄せています。単純に時間がないことと、胃に物があると講義の発声がしにくいことと、食べると眠くなってしまうことから、食事を取る回数が減るので自然と痩せてしまい、受講生の皆さまにご心配をおかけすることがあるので、今年は春〜夏にあまり痩せないことを目標として、意識的にちょこちょこカロリーをとるようにしています。

 

…なんて、「受かりたいならあまり寝るな、あまり食べるな」みたいな、スパルタな記事になっちゃってるかな^^; 笑。そんなことないのよ。あくまで「選択肢のひとつ」ということで。

 

ちなみに、記憶は睡眠時に定着すると、昔から様々な本に書かれていますよね。人間の脳に関してはわかっていないことが多いと思いますので、何がどこまで確実かはさておき、暗記をした後に全く寝ないのは効率が悪いと私も思います。

 

集中力&記憶力が高まると言われる空腹時&就寝前にしっかり覚えて、その後サクッと寝るということを、もしも食欲と睡眠欲を多少コントロールできるようになると、一日の中で複数回ちょこちょこ繰り返せるので便利ですよ。睡眠は本当に食事と一緒で、完全になくすのは無理だし摂取が必要だけど、必ずしも今までご自身が取ってきた満腹量を一度に取らなくても、少し全体量を減らしたり小分けにしたりしても大丈夫かもよ、というおすすめです。

 

資料を楽しみにしてくださっている方へお詫び&お手伝いのお願い」という記事を書きました通り、そうやって短眠に寄せて時間を捻出しても手が回らないほど諸々を抱える自分もどうかと思うんですが…ご迷惑をおかけして恐縮です。いつも手を差し伸べてくださる周りの皆さま、本当にどうもありがとう。心から感謝してます。

 

みんな、それぞれの環境や立場があると思うけど…人生に悔いが残らないように、やりたいことを最大限にやって、頑張ろうね!



<ソムリエ・ワインエキスパート試験関係の現在のおすすめ講座>

●2020年ソムリエ・ワインエキスパート試験基礎速習講座はこちら

関連記事

【随時更新】これから始まるとみたの講座やワイン会

【随時更新】これから始まるとみたの講座やワイン会

16622 views

「#ワイン部」発売

「#ワイン部」発売

1631 views

個人的に作業が捗るBGM

個人的に作業が捗るBGM

1383 views

もくじ|ベネンシアドール・シェリーアンバサダー試験対策

もくじ|ベネンシアドール・シェリーアンバサダー試験対策

5789 views

今期Step2を終えて

今期Step2を終えて

4422 views

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

タグクラウド


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/icloudgroup/tomiwine.com/public_html/wp-content/plugins/slickquiz/php/slickquiz-front.php on line 59