【ご質問】オンラインクラスと対面クラス、どちらが良い?|ソムリエ・ワインエキスパート試験

最新のお知らせ

▼ベネンシアドール・シェリーアンバサダー受験対策講座
7月7日の準備講座、8〜9月の実戦講座、実技のご案内もあります。実戦講座はご欠席の際のビデオ補講やワインお取り置きもできます!
https://tomiwine.com/info-137

▼全集中!ソムリエ・ワインエキスパート一次直前対策【オンライン】一日集中セミナー
一日で全範囲を総ざらいです!早期合格したい方のための7/15(月祝)、中期に合格したい方のための8/3(土)、時期に合わせた濃ゆい内容にします。ご予定に合わせてお選びください!とみわいん問題集等のアクセス権もついています。
https://tomiwine.com/info-139

▼単発の一次対策講座
基礎から試験形式まで7種類、お好み合わせてぜひ。(^^)
https://tomiwine.com/info-142

▼プレゼン・接客力UP!通る声で滑舌良く話せるようになろう~そして授業後半は楽しく飲もう~
8月22日(木)19:00、気軽な単発講座です!
https://www.duvin.jp/event/2365

いつもありがとうございます。今日も一日、皆様に素敵なことが沢山ありますように(^^)

____________________

受験説明会でよくいただくご質問のひとつに、「オンラインと対面のクラスと迷っているんだけど・・・」というものがあります。

これまで両方ともを行なって来て、今年も担当する講師として、思うことを書きます。

※様々なオンライン講座があるので、システムによって異なるところはあると思います。レコール・デュ・ヴァン(以降LDV)の受験対策 実戦講座の場合で書きますね。

オンラインクラスの良い点

  • 支度時間、移動時間、交通費などがかからない
  • お好きな格好、お好きな場所で、ご自身にとって最高に快適な環境で受講できる
  • ワインが小瓶で届くため、お好きな時にお好きな量をテイスティングできる
  • 全ての回を同じ担当講師で受講できるため、齟齬がない(とみた担当の1クラスだけのため)
  • 一次試験時期までの間、常に全ての回の録画が観られるため、欠席での学習漏れがなくご自身のペースでいつでも何度でも復習ができる
  • リアルタイム(毎週水曜19時〜)でのご受講で、講師や他の受講生とやりとりをしながら授業に参加することもできる
  • 対面のクラスも含めたとみたクラス全体でLINEグループを作るため、他の受講生ともいつでも交流ができるし、リアルのクラス会にご参加も可能

オンラインクラスの注意が必要な点

  • より自分を律することが必要かも

メリットと表裏一体なのですが、皆様それぞれが好きな格好や好きな状況で受講できるため、たとえば画面をオフにして何かほかのことをしながら「ながら聞き」をしていると、あまり記憶に残らない方が多いようです。

周りの誰からも見られていなくても、対面のクラスを受講されているのと同じお気持ちで、緊張感や集中力を持って受講してくださることを強くお勧めします。

対面のクラスの良い点

  • 実際に会うので、授業後にご飯に行ったりなどもしやすく、仲良くなりやすい
  • 周りの人も頑張っているんだというプレッシャーを間近で感じることができる
  • 同じ空間にいるので、講師や他の受講生と全く同じ環境でテイスティングができる

対面のクラスの注意が必要な点

  • 飲み過ぎ注意

みんなで飲みに行くのが楽しすぎて、学習が疎かになってしまう方がたまにいらっしゃいます。仲が良いのは素敵なことですが、ご注意ください。笑

「通えなくはないけど遠いからどうしよう」という方へ

かなりのお時間や交通費がかかるのであれば、オンラインのほうが便利かと思います。

ただ、移動時間もロスになるとは限りません。

「暗記のゴールデンタイム」は就寝時、起床時、空腹時、移動時の4つで、移動中も記憶力や集中力が高まるそうですから、通学時間に予習復習をされるのも良いでしょう。

実際に過去には、軽井沢から、茨城から、静岡から、青森から、名古屋から等、ある程度のお時間がかかる中で東京まで毎週通ってくださり、上手に通学時間に集中して予習復習をされ、いつも素晴らしい成績を修めて試験合格される方もいらっしゃいました。

それだけお時間や費用をかけて通ってくださるモチベーションの高い方だからこそかもしれませんけれども、遠くから通ってくださる方は得てして成績優秀な印象が私はあります。

遠い、通学時間がかかる、というのが、必ずしもデメリットとは限りませんよというお話でした。

もちろんご自由ですしよくお考えになってお決めいただければと思いますが、もし通えなくはないのであれば、実際に会えるというのもプライスレスな価値があるのでは、とも思います。

オンライン、対面、いずれにしても

具体的なソースを失念してしまったので細部が異なったら恐縮なのですが、たしかアメリカの国立研究所の研究によりますと、講義のスタイルによって受講生の記憶力がどのくらい定着しやすいかが異なり、講師が一方的に話すだけの講義スタイルでは5%しか記憶が定着しない、という話を以前どこかで目にしました。

ですので、私も受講生同士でのワークやデスカッションなどを講義の中でたくさん取り入れたく思っておりますが、膨大な暗記を必要とするソムリエ・ワインエキスパートの受験講座ではかなりお時間がタイトなため、コミュニケーションのタイミングを要所要所で少しずつできる限りでいれる、という感じにしております。

対面の講座でも一方的に講師が話すだけでは記憶に残りにくいのですから、これが録画を見るだけだと、さらに記憶に残りにくいのではと思います。

もし講義を録画でご覧になる際は、録画のメリットを活かしましょう。初回は大枠を掴むために一通り全体をサラッとご覧になっても良いです。そのあとは、可能でしたらご自身が一度に消化できそうな量で細切れに区切って、動画を止めて一旦振り返ってある程度ご自身の中でどんな内容だったかを反芻してから、次に進むことをお勧めします。とみたの資料ですと、単元ごとに練習問題を挟んでいますので、そのタイミングで反芻していただくのが効率良いでしょう。

いずれにしても、講義を聞きながらなるべく「自分ごと」にしていただく心がけは、大事と思います。

もちろん講師側としても、みなさまに興味やリアリティを持っていただけるように努力をするのですが、可能でしたらご受講される皆様も、

たとえば「そんな品種、聞いたことないし。そんな産地、初めて聞いたし。知らないし」ではなく、「そんな品種があるんだ、飲んでみたいな」「興味深いな、いつか行ってみたいな」など、できるだけ前向きな気持ちで聞いていただくと、ご自身も楽しいですし、集中力や記憶力も高まるそうですのでおすすめです。

何か参考になっていれば幸いです!

____________________

<今、ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ講座&記事>

▼全集中!ソムリエ・ワインエキスパート一次直前対策【オンライン】一日集中セミナー
一日で全範囲を総ざらいです!7/15(月祝)、8/3(土)、ご予定に合わせてお選びください!
とみわいん問題集等のアクセス権もついています。
https://tomiwine.com/info-139

▼単発の一次対策講座
基礎から試験形式まで7種類、お好み合わせてぜひ。(^^)
https://tomiwine.com/info-142

____________________

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼公式LINEとみライン
友達追加してあげてもいいよという方はぜひ。ワイン会や講座のお知らせを配信しています。
https://lin.ee/v6033DR

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。LINEより文字数多めです。受け取ってあげてもいいよ、というかたはぜひ。
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
とみたの活動資金に使って良いよという神のような方はこちらです。
https://tomiwine.com/info-82

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP