イベント・講座・メディア情報【2020/2/15】増席されました!ヴァン・ジョーヌとシェリーの饗宴

【2020/2/15】増席されました!ヴァン・ジョーヌとシェリーの饗宴


💌最新のお知らせ💌

●サイトリニューアルを考えておりまして、少しずつ変更したりしている関係で、一部ご不便をおかけします。

●2020年もたくさんの楽しい講座や役に立つ講座を担当予定です。現在募集中のとみたの講座や楽しいワイン会一覧は、こちら

●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは、こちら

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷



※おかげさまで満席からの、増席されました!あと数席あります!

2019年3月ベルギーのアントワープ、世界最優秀ソムリエ・コンクール公開決勝ブラインド・テイスティングでの出来事・・・。厳しい予選、準決勝を勝ち抜いた3人のファイナリストが唯一同じ答えをしたグラス、彼らの宣言は「シェリー」でしたが、正解は「シャトー・シャロン」つまりジュラのヴァン・ジョーヌ(黄色ワイン)でありました。

両者ともに共通するのは産膜酵母下によって長期樽熟成された独特の風味を持つ魅力的なワインであること、です。しかし太陽光が燦燦とふりそそぐ海に面したアンダルシア地方のシェリーと、スイスにほど近いアルプスに面した冷涼なジュラ地方の秘酒ヴァン・ジョーヌでは、当然その気候、土壌、酵母、ぶどう品種、製法など、様々な点が異なります。ただし具体的な違いを楽しめる機会は圧倒的に少なく、「なんだか似た風味」の一言で片付けられてしまう傾向にありませんか・・・?

二つのワインに共通する産膜酵母の魅力と相違する偉大な個性は何か、そのことを理解することが世界で求められているのです。

ジュラを愛する内池直人と、シェリーを愛する富田葉子の、異色のコラボレーション講座!ヴァン・ジョーヌもシェリーも、この日のために内池&富田がセレクトした珠玉のラインナップです。ぜひこの機会に、産膜酵母の風味に魅せられた別世界の二人が語る、未来の流行を先取りすることになるかもしれない異次元産膜酵母ワインの比較試飲を楽しみませんか?

※昨年とは一部アイテムが変更になっています!

お申し込み・詳細はこちら



🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。

●この記事に関するご意見やご質問は、こちら

●現在募集中のとみたの講座や楽しいワイン会一覧は、こちら

●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは、こちら




🇪🇸シェリー関係の現在のおすすめ記事

●2020年のベネンシアドール・シェリーアンバサダー受験講座予定はこちら

●ベネンシアドール・シェリーアンバサダー試験関係の記事(公開資料も含む)全てはこちら

●ベネンシアドール・シェリーアンバサダー受験をお考えの方は、今から少しずつ覚えていきましょう!シェリー教本の用語集暗記はこちら

●シャンパーニュとシェリーのマリアージュ講座はこちら

●ヴァン・ジョーヌとシェリーの饗宴講座はこちら

●お近くのシェリーがグラス一杯から楽しめるお店は、こちら

関連記事

台湾茶のテイスティングコメント「台湾茶藝館 狐月庵」さま 

台湾茶のテイスティングコメント「台湾茶藝館 狐月庵」さま 

1113 views

【2019年】フランス概論&ボルドー

【2019年】フランス概論&ボルドー

84911 views

【2017年】替え歌:スパークリングワインの製法

【2017年】替え歌:スパークリングワインの製法

4333 views

【2019年】ローヌ渓谷 Valée du Rhône

【2019年】ローヌ渓谷 Valée du Rhône

10551 views

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

タグクラウド