【2021年】最新更新富虎本Kindle発売|ソムリエ・ワインエキスパート試験

本年度最新更新の富虎本、Kindle版にて発売されました!

▼富田葉子のテイスティング虎の巻2021-2022年度版

持ち歩きにも便利と思います♪

ちなみに、フルカラー印刷高いので初版の書籍は4000円もする高価な本になってしまったのですが、Kindleなら印刷いらないからグッと安くすることができそうですねーなんて話していたものの、、、

1200円以上の本はAmazonに65%持っていかれてしまうというシステムが明らかになりまして、数百円しか安くなりませんでした・・・力いたらずすみません( ;  ; )

発売がこんな遅くて今から売れるか謎なんですが、細部までの更新が結構大変で、すごく私がんばりましたのでもしよかったらぜひ・・・!!

※昨年発売の、紙の書籍も在庫限りですがまだあります。
https://amzn.to/3i1esVa

追記:ご質問「Kindleのリーダー持ってないんだけど、紙版の発売予定は?」

Kindleは専用のリーダーを持っていなくても、スマホ、iPad、パソコン等で見られますよ!アプリをダウンロード、もしくはブラウザから可能です。マーキングやしおり機能もあります。私もよくスマホからKindle本読んでます♪

紙版は、今年の二次試験に間に合うタイミングでの発売予定は、今のところないようです。申し訳ないです。

追記:ご質問「昨年の書籍を買っちゃったんだけど、それでも今年も使える?」

はい。細部の更新箇所を挙げるとキリがないのですけど、全体としてはそんなに大きくは変わっていないので、有効だと思います(^^)

用語の変更点などは、以下をご参照ください。

▼富虎本の正誤表と補足と選択用語新旧対応表
https://tomiwine.com/tomitora-2

追記:ご質問「初版と比べて選択用語の変更点は?」

用語の変更点は、こちらを参照してください!

▼富虎本の正誤表と補足と選択用語新旧対応表
https://tomiwine.com/tomitora-2

追記:正誤表はこちらです

初版もKindle版も正誤表はこちらをご参照ください!

▼富虎本の正誤表と補足と選択用語新旧対応表
https://tomiwine.com/tomitora-2

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼公式LINE「とみライン」
不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

※初めてアカデミー・デュ・ヴァンの講座のお申し込みをされる方は、お申込時の備考欄に「講師の富田葉子の紹介」と書いていただくと、講座によっては登録料無料などの特典があるかもしれません。もしよろしければ(^^)

▼ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ
https://tomiwine.com/blog-44

▼とみたクラスの推しポイント
https://tomiwine.com/blog-36

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP