ブログ講師によって言うことが違うという混乱について思うこと

講師によって言うことが違うという混乱について思うこと





<最新のお知らせ>


●Step3(中上級講座)、11月末から始まります!
https://tomiwine.com/info-66


●Step1(初級講座)ゆっくりコース、12月から始まります!
https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/12167

●「ドン・ペリニョン垂直!60年代から現代まで」キャンセルが出て12/12若干名再募集中です!
https://tomiwine.com/info-77


●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください。
「メーリングリスト「富組」のご案内」
https://tomiwine.com/info-2


🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷



「ソムリエ・ワインエキスパート試験の二次対策、先生によって言うことが異なるので混乱する」と、毎年多くの方がおっしゃいます。

私も過去に…きっと一生懸命なだけだと思いますが「他の先生はこう言ってたんですけど!!」「他の本には、他のサイトには、こう書いてあったんですけど!!」などと、中にはちょっとヒステリック気味におっしゃる方に遭遇したこともあり、そうでなくても大なり小なり悩まれている方が多いなぁと感じます。

そういう方々のお力になりたいなぁと、最近よく思っています。

なぜ講師やスクールや本などによって異なるかというと、そもそも「絶対」のロジックがないからですよね。テイスティング学習用にもソムリエ協会の教本があったらいいんじゃないかなぁと思うんですが…(座学の教本と同じように受験生が自動購入もので、「テイスティングは脳でする」等よりもっと公式な、協会として試験でのテイスティング法と答え方を明確に示したもの。それをちゃんと勉強すれば合格できるもの)。ただ、これはもしかするとADVの講師陣と似ていて、団体内に優秀なソムリエさんが多ければ多いほどメソッドも多様でなかなか全員が納得・見解一致する統一の教科書というのが難しいのかなぁ、なんて勝手に思ったりもします(そんなこともないかもしれません。あくまで勝手な推測です)。

過去の公式の模範解答の傾向は、富虎本についている別冊データ集に、外観から結論までどの単語がどれだけ選ばれているかという分析データがあるのでぜひ参照していただければと思います。ただ、模範解答も年によって「あれ?これにこの言葉を選ぶんだ?今までと違うね?珍しいね?」と思ってしまうような、幅が随所にあります。おそらく模範解答を作成されている方々が毎年同じではないのでは?とも思ったりするものの、そこは公表されていないのでわかりません。そもそも香りや味わいの感じ方は人によって幅がありますし、同じ人でもそのときの体調や環境によって多少は感じ方が変わったりもするでしょうし、同じワインでも多少はボトル差もあるでしょうしね。座学と異なり、どうしてもテイスティングはロジック100%じゃなく感覚的な部分もあるので、これはしょうがないですよね。

そんなわけで、「こういうときは絶対にこれ」という確固たる法則はなく、私たちの分析もあくまで「こういうときはこれが多い」「最近の傾向からこの可能性が高い」程度にとどまります。しかし「結局、何事も時と場合によるよねー」「その人、そのワイン次第だよねー」では試験対策になりませんので、できるだけ皆さまが迷わないで済むように各講師が一生懸命「こういうときはこう」とシンプル化したロジックを作ろうとするため、そりゃ例外も幅も多々あることになっちゃうわけです。しかも、たとえばアカデミー・デュ・ヴァンのように精鋭の講師が多数揃っていると、みなさまそれぞれがご自身のメソッドに自信を持っているはずですので、統一しようと言っても中々困難な面もあると思います。

でもそれは、こちら側の問題というか、講師側の問題で、受講生には関係ないことですよね。人によって仰ることが異なるように感じたら、真面目で素直な人ほど混乱するでしょう。「なるほど、この人はこうなんだな」とドライに受け止めて上手に取捨選択ができるタイプの方なら問題なく、むしろ色んな見解を聞くのが勉強になる!とポジティブに楽しめる方もいらっしゃると思いますが、みんながみんなそうじゃないですもんね。

で、ですよ。

(特に東京近郊の)受験生の皆さまは、二次対策の時期はどこも単発で受けられるものが出回るため、いろんなクラス、いろんなスクールへ行かれてる方も多いと思います。私は、できるだけ悩める皆様と同じ目線に立って、ご本人の中で納得につながるようなアドバイスができたら良いなと思うんです。

もちろん他の先生がたのやり方を盗むとか否定するとかじゃなくて、それぞれを尊重しながら、潤滑剤というかクッションになりたいんですよね。先生方みんなそれぞれの「正しさ」があると思うので、受験生が混乱しないように受け止め方の的確なアドバイスがもっとできるようになりたい。

自分が講師をしているからこそ、「あぁ、きっとその先生は、こういう情報を元にして、こういう意味のことを伝えたかったんじゃないかな」等がわかることもあるじゃないですか。

あと、これはワインに限らず、一見正反対のことを言っているように聞こえることがあったとしても、実は最終的にたどり着くところはさほど変わらなくて、そこへたどり着くまでの道筋が多数あるから途中経過として反対に見えるだけで、結局は似たようなことを仰っているという場合もありますよね。

たとえば私も、声のトレーニングをしてもらっているときに、似たようなことが実際にあります。ある先生には「母音のあいうえおをハッキリと、口を大きく開けて発声しましょう」と言われ、別の先生には「口は開けすぎないほうがいい、君は開けすぎだ」と言われたり。ある先生には「腹式呼吸で、息を吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時にお腹がへこむようにしましょう」と言われ、別の先生には「息を吐く時はお腹がへこまないようするべきだ」と言われたり。口を開けるの開けないの?お腹は凹むの凹まないの?反対だけど、どっち?!って思ったこと、私もあります…!でもこれ、今なら両方わかるんです。一生懸命インプットしようと思う時は必死で、先生方の仰ることの些細な食い違いに迷っちゃうし気になるんですけど、自分なりに落とし込もうといろいろやってみてもう一歩進んだ段階になると、あぁ双方こういうことを仰っていたのか、なるほどね、と後から腹落ちすることもよくあるように思います。その上で、今の自分にはこっちのほうがしっくりくるな、とか。でもそれも絶対じゃなくて、あくまで現在の自分にはそれが合っていたというだけの話で、また自分のレベルが変わってくると、昔はピンとこなかったメソッドや先生がしっくりくるようになってきたりとか。そんなもんですよねー。

今回、受験のテイスティング本を出すにあたり、できたら事前に世の他のワインスクールの先生方がそれぞれどのように教えていらっしゃるのか、具体的にちゃんとリサーチができればよかったなと思っています。間に合わなかったし、諸々難しかったのですが。。。

もし来年以降、本の改訂ができるようになった際にもっといいものにするためにも、できれば他でどのように教えられているか、なるべく多く知ることができたら大きく今後に活かせるなぁって思います。なので本当に、可能なら私もADV内にとどまらずいろんな先生の二次対策講座を受けてみたいのですけど、同業だから嫌がられますかね・・・どうでしょうね・・・(;・∀・)

繰り返しますが、悩める受験生のみなさまと同じ目線に立つために実情を知りたいというだけで、人様を否定したいとか、盗んでやろうとか、そういうのではないです。もしこれを読んでくださっている世のワインスクールの先生方がいらっしゃいましたら、もしかすると受講申し込みさせていただくかも知れませんのでその際はよろしくお願いします。もちろん、それはできないというのも正論だと思いますので、断られたからと言ってどうこうはないです。

(ちなみに、もし良いなと思って真似っこさせていただきたい場合は、そのように申しますし、世に明言します。今の時代、パクるなら堂々とパクったほうが気持ちいいですよね!笑)

あっ。これを読んでくださっている受験生の皆様で、私のテイスティング本を購入してくださったり、私の授業を受けてくださったりした方には、ぜひお願いしたいことがひとつあります。

他の諸々の二次対策(スクール、書籍、サイト、ワインバーやワインショップなどなんでも)と異なる箇所があれば、情報元と共に、今後のためにぜひとも教えていただけたら嬉しいです。

私も分からない場合もあるかもしれませんが、情報元が存じている方であれば、どういう意図なのか直接お伺いすることもできますし、そうでなければ、私個人の推測でしかないけど一緒に考えます。お一人で悩んでいるよりは、私、ちょっとは役に立つと思います。☺️

あと、もちろん、二次対策をされている先生方も…!もし「これは自分の解釈とは違うと思うんだけど」等あれば是非教えてください。世の受験生のためにも。🙏

私は名前が葉っぱの子ですし、みなさまの二酸化炭素を吸って、酸素にして返したいんですよねー。なんて。できればいいなぁ。🍀✨



🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。



●せっかくのご縁ですから、ぜひ一緒にワインを飲みませんか?
「これから始まるとみたの講座やワイン会」:
https://tomiwine.com/seminarcontents


●「富田葉子のテイスティング虎の巻」ご購入&レビュー書いていただけるとありがたいです・・・!
https://amzn.to/3i1esVa


●「当サイトに関してのお願い」
https://tomiwine.com/onegai


●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください。
メーリングリスト「富組」のご案内:
https://tomiwine.com/info-2




関連記事

【2020年】昨年の2次試験のご感想|ソムリエ・ワインエキスパート試験

【2020年】昨年の2次試験のご感想|ソムリエ・ワインエキス..

4376 views

不合格の方、合格の方について思うこと

不合格の方、合格の方について思うこと

4414 views

おかげさまで富虎本発売|ソムリエ・ワインエキスパート試験

おかげさまで富虎本発売|ソムリエ・ワインエキスパート試験

2582 views

【2019年】あなたに向いてる二次対策講座は?

【2019年】あなたに向いてる二次対策講座は?

7266 views

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

タグクラウド