その他資料集小瓶交換のすすめ

小瓶交換のすすめ

ワイン受験.comの山崎先生から広がり、アカデミー・デュ・ヴァン受験クラスの伝統になりつつある、小瓶交換。楽しいので、とみたは総合講座でもおうちでも、よく行なっています。

小瓶交換の仕方

  • 100-150ml程度の小瓶を数本用意し、煮沸するまたは綺麗に洗う(余計なニオイ防止)
  • ワインのテーマを決め、テーマに合ったワインを購入する
  • ワインを小瓶に、空気が入らないように満杯に入れ(重要!)、すぐ蓋を閉める。ちょっと勿体無いけど、表面張力で蓋を閉めたら溢れるくらい満タンに入れてください。酸化防止のために大変重要です。
  • メモ用紙に①銘柄、②造り手、③品種、④産地、⑤収穫年など、ワインの情報を書き、内容が見えないように折り、外側に自分の名前を書いて、輪ゴムなどで瓶につける(名前を書いておくと、交換の時に重複がわかりやすく、あとで「◯◯さんのあのワインおいしかったよ」など話のきっかけにもなります)
  • 4本程度(参加人数により調整)を持って行き、自分の小瓶以外で違う種類を一本ずつ、自分の持ってきた数と同じ本数持って帰る

<注意点>
  • オロナミンCやリポビタンDなど、独特の香りの強い栄養ドリンクの空き瓶は、避けたほうが無難です。何度煮沸しても、なかなかにおいがとれません。特に蓋。
  • ワイン情報を書いた紙は、大事な部分が外から見て透けていないかご注意ください。たとえば品種名の語尾だけ透けていて「◯◯ヴィニヨン」とか、なんとなく飲む前からわかっちゃったり・・・ってしばしばあります。笑

(参考)とみた作成 小瓶情報記入用シート


以前即席で作り個人的に使用しているモノなので、たいしたファイルではないのですが、もしお役に立つようでしたらどうぞ。一番左上の欄に情報を入力すると、6こ全てに同じ情報が入るようになっているので、少し記入が楽だと思います。ダウンロードまたは「コピーを保存」して、情報を入力&印刷して、切ってお使いください(同じファイル内の「記入方法」シートもご一読ください)。
ワイン用はこちらからダウンロードできます。
シェリー用はこちらからダウンロードできます。

(参考)とみたが使っている小瓶


●楽天「いれもん屋」SL-100透明びん
(↓クリックすると楽天のショップページにとびます。)
10本入り
90本入り

私も受講生から教えてもらったのですけど、これはグラスワインとしてサイズもちょうどいいですし、蓋も選べますし、まとめて買うと一本数十円ですし、おすすめです。100mlと書いてありますが、前述のように空気が入らないよう溢れんばかりの満杯に入れると、約115ml入ります。ワイン一本が通常750mlですので、この小瓶だと6本詰めて最後テイスティンググラス一杯ぶん余るので飲む、というふうにしています。

(もちろんC1000タケダの瓶もいいのですけど、普段飲まないのと、満杯で160ml入り、ちょっと私には量が多かったので。。。)

これ、上記の「いれもん屋」のSL-100透明びんにワインを詰め終わったところです。ちょうどこのくらいずつ余ります。

ちなみにこの写真は、ご覧の通り、左二本以外が全てハーフボトルです。自分でアカデミー・デュ・ヴァンの受験対策ハーフボトルセットを購入しました。ハーフボトルで、色々揃っているのは、ありがたいですよね。試しに購入してみた結果、良かったですよ。やっぱり、生徒さんにオススメするなら、自分でも試してみないとっ(*´ω`*)・・・という口実で飲みました。笑

楽しいですよ


自分で買ったワインだと、ブラインドテイスティング練習のため、何種類かをわからないように並べたとしても、選択肢として「何があるか」はわかっちゃうじゃないですか。小瓶交換だと、それがありません。人様が購入されたものですから、完全に銘柄等がわからないので、良いですよね。一応ざっくりとしたテーマを決めて交換しているのですけど、それでも全然自分が買ったことのないようなワインがもらえたりして楽しいです。

私も、クラスで一緒になって交換したり、家で飲むワインを小瓶に小分けして保存したりして、ブラインドテイスティングの練習を楽しんでいます。小瓶を交換した日は「中身は何かな、楽しみだな」とホクホクしながら帰っています。

それから、一人で比較試飲をするために何本も同時にワインを開けたら、余っちゃってしょうがないですしお金もかかりますが、みんなで交換するとワイン一本の値段で複数の種類を少しずつ学習できるというのも大きなメリットです。

そう、「余っちゃって」の余談なんですけど、うちは夫婦揃ってワインが「好きだけど強くない」ので、夕食でワインを開けても、二人で一本は飲みきれません。一本開けるといつも余って、以降三日くらい同じワインを飲まなければいけないという。。。

できれば、お料理に合わせて何種類か、お店でグラスワインを頼むときみたいに、ちょっとづつ違うワインを楽しみたいじゃないですか。そんな時にも小瓶はものすごくいいです。予め購入したワイン何種類かを小瓶に分けて保存しているので、小瓶を何本か取ればすぐに何種類かのグラスワインが楽しめます。

(コラヴァン買えばいいのでしょうけど、高いので。。。^^;)

ちなみに、これ、うちの冷蔵庫の一部です。
※さすがに食材収納スペースを圧迫しすぎるので、最近はこの半分に減らしました。笑

近くに学習仲間がいらっしゃらず交換はできない場合でも、こうして何種類かを小瓶に分けて保存しておけば「ひとりブラインドテイスティング」を行ないやすいので、楽しいし勉強になりますよ。もしよろしければ、お試しくださいね♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆

お読みくださって、どうもありがとうございました。

少しでもお役に立てば幸いです(^^)

●この記事に関するご意見やご質問は、こちら

●ご一読ください:「資料使用に関してのお願い

●現在募集中のとみたの講座やワイン会は、こちら

●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたはこちら

関連記事

【随時更新】これから始まるとみたの講座やワイン会

【随時更新】これから始まるとみたの講座やワイン会

16028 views

【2019年】とみたのサービス実技講座をご受講くださる方へ

【2019年】とみたのサービス実技講座をご受講くださる方へ

1264 views

【募集】萬川さんを囲んでシェリー交流会

【募集】萬川さんを囲んでシェリー交流会

1297 views

【2020年】シェリーマスター講座

【2020年】シェリーマスター講座

2814 views

【お誘い】2018-19年秋・冬シーズン修了パーティー

【お誘い】2018-19年秋・冬シーズン修了パーティー

706 views

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

タグクラウド


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/icloudgroup/tomiwine.com/public_html/wp-content/plugins/slickquiz/php/slickquiz-front.php on line 59