資料集シェリーのタイプ分類と生産行程について

シェリーのタイプ分類と生産行程について

シェリーはタイプも多様なら造り方も多様で、細かいところは本によっても違ったり、造り手による差も大きかったりなど、本当に型にはめるのはなかなか難しいところもあると思うのですけど、ソムリエ教本と以下のサイトを参考にさせていただき、シェリーのタイプ分類と生産行程の簡略図を作ってみました。

タイプ別味わい分布

 

シェリーはタイプによって、造り手によって、同じお酒とは思えないほどの多様性があります。ぜひ色々と、お試しくださいね☺️

  • 表の上側は辛口、下に行くに従って甘口です。
  • 表の左側はすっきりフレッシュ系、右に行くに従ってどっしり複雑系です。
  • 日本ではほとんど見かけませんが、このほかにDry、Dulceがあります。

生産工程

 

ワイン全般にお詳しい方でもちょっぴりつまづきやすい、わりと「あるある」な留意点としましては、

  • ベースワイン完成の段階で、基本的にフロールは、全てのワインに自然発生していること
  • 途中のタイプ分類で、アモンティリャードにはならない(アモンティリャードはフィノまたはマンサニージャの延長上にある)こと
  • 中甘口シェリーは発酵を途中で止める造り方でなくブレンド法ということ
  • 必ずしも「サンルーカル産のフィノタイプ=マンサニージャ」でもないこと
  • 現在は多くの造り手がフロールを含む諸々をコントロールし、意図的にタイプの造り分けをしている(自然の成り行き任せではない)こと

・・・などでしょうか。ご参考までに、昔FBでシェアしておりました、もう少し簡略バージョンの辛口のみの行程図はこちらです。

 

 

甘口が主流

日本や本国スペインでは辛口が主流ですけど、世界的にはやや甘口が優勢なのですよね。特にブレンドタイプの中甘口。

 

ブレンドタイプ「Medium」「Cream」「Pale Cream」は、日本だとその存在すらご存知の方が少ないのではないかと思うのですが、主要なシェリー消費国のイギリス、アメリカ、北欧などでは定番のシェリーです。

<参考:(本国スペイン以外で)シェリー消費国Top4の消費量1位のタイプ 2016年データ>

1位 イギリス   Cream(43%を占める)
2位 オランダ  Medium(50%を占める)
3位 ドイツ  Medium(67%を占める)
4位 アメリカ  Cream(54%を占める)

 

優しい甘さで飲みやすいので、「シェリーってキツいイメージで苦手」というシェリービギナーの方にオススメです。

そもそもなぜ、日本で一般的にシェリーといえば、慣れていない方はキツく感じるかもしれないFinoやOlorosoと、慣れていない方は甘すぎると感じることもあるかもしれないPedro Ximénezの両極端なのでしょう…??ちょっぴり不思議です。

ほどほどの甘さと柔らかさのブレンドタイプや、華やかで紅茶を思わせる風味のMoscatelなどが、日本ではもっと輝けるのではないかと個人的に思います。そのままでも美味しいのですけど、お教えいただいて、冬はお燗にして楽しんだりもしています。

シェリーのお燗、温まりますし、おでんや鍋にも合うのでおすすめです🍢✨

更新履歴

  • 2021/05/03 全体的に更新しました。
  • 2021/06/05 本文の一部を更新しました。


🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


●「これから始まるとみたの講座やワイン会」
せっかくのご縁ですので、一緒に飲みませんか
https://tomiwine.com/seminarcontents

●ADVのとみた担当講座
ソムリエ・ワインエキスパート二次対策講座や、秋の楽しい講座の募集が始まっています!
https://www.adv.gr.jp/teachers/detail/165

●「メーリングリスト富組のご案内」
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください。
https://tomiwine.com/info-2

●「とみラインはじめました」
LINE公式アカウント作りました。上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

●「富田葉子の活動を応援してあげる!」
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

●「当サイトに関してのお願い」
https://tomiwine.com/onegai




🇪🇸シェリー関係の現在のおすすめ記事

●ベネンシアドール・シェリーアンバサダー受験講座はこちら
(2021年度は試験が中止となり、ともなって講座も中止となりました。また2022年によろしくお願いいたします!)

●お近くのシェリーがグラス一杯から楽しめるお店は、こちら

関連記事

シェリーのソレラシステムについて

シェリーのソレラシステムについて

22193 views

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

タグクラウド

error: