ていこさん🍀トルシエ監督のワインのアンバサダー

とみたクラスをご受講くださった方々が現在活躍されているお姿を少しずつご紹介☺️


ほかの、とみメン(とみたクラスメンバー)のご紹介はこちら

※全員のところへお伺いしたいし、いっぱい書きたいのですが、体が一つしかないのですみません。徐々に増やしていきたいです✨

※いらっしゃる店舗等を移動される場合などもあるかもしれません。書いている時点での情報ですので、もし現状と異なる場合はご容赦ください。

※過去にとみたクラスをご受講くださった方で、授業で学んだワインの知識を生かし飲食店等で現在も活躍されている方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。本当に少しずつですが、行ける時に伺います🍷

 

フィリップ・トルシエ監督のワイン「SOL BENI」のアンバサダーをされている、ていこさん。笑顔が素敵で、Step1のクラスでいつも熱心に授業を聞いてくださっています♫

 

ていこさんのご縁で(大感謝)、ソル・ベニを初めて飲みました。上質なサン・テミリオンらしい、よく熟した果実感とエレガントさが見事に調和したスタイル。うわあ、これは素晴らしいワインですね。さすが・・・!!👀✨

 

最近ワイン界隈のみなさまの投稿で「にょろ助」さんのお得な鰻を見て、うらやましくなっちゃって、持ち込ませていただいちゃいました。鰻とのマリアージュ検証✨

 

白焼きと蒲焼きと二本、贅沢すぎる…!笑

 

ちなみに私は普段、鰻に赤ワインのタンニンは不要だと思っているんですよね。

 

(ヨーロッパの伝統的な食べ方だとぶつ切りや丸焼きの調理も多いのでまた異なりますが、日本の鰻は本当に繊細な手仕事をされていて、特に関東の蒸すスタイルは、優しくまろやかな食感のものが多いので・・・)

 

「八目鰻のボルドー風があるから、鰻にはボルドーの赤」という人もいるけど、ここにも写真付きで書きましたように、円口類の八目鰻と魚類の鰻は異なりますし、Lamproie à la Bordelaiseは現地で食べるとまるで「鯖缶の赤ワイン煮」だぞっ!日本人がイメージする鰻の蒲焼きとは全然違うぞっ!と。思ったりして。笑

 

一口に鰻と言っても、もちろん白焼きや蒲焼きか、山葵か山椒かなどなどで様々なワインやお酒との相性が楽しめると思います。ただ、たとえば山葵醤油やタレをともなう場合は、渋味は控えめで、かつ良い意味で少々酸化的な熟成感のあるワインが美味しいと私は感じます。

 

(これは醤油でいただく系のお寿司にも共通している気がしまして、たとえばワインに詳しい方のいらっしゃらない鰻屋さんやお寿司屋さんのグラスワインにありがちな、低温発酵のクリーンでトロピカルなスタイルの南仏のカジュアルシャルドネとかだと、全然方向性が異なって合いにくいなぁ・・・もったいないなあ・・・と私は思ってしまいます。)

 

そんなこんなで、普段の自分は、特に蒲焼きにはパロ・コルタドを合わせるのが好きなんです。鰻のタレと香りや味わいの方向性が似ている(ある意味で老舗のタレもソレラシステムですもんね 笑)だけでなく、あくまでベースが白ぶどうで渋味がほぼなくて、熟成感やメイラードもある感じが、鰻の上質な脂や焼きの香ばしさにも寄り添って、本当によく合うんですよねー。琥珀系のシェリーやマデイラなどは、合わせたことのない方は是非試して欲しいです。赤ワインは私はあまり合わせないけど、もし合わせるなら、やっぱりタンニンがこなれていて風味にも熟成感のある、古酒がいいなぁ。若くて果実感の強いものや、渋味の元気なものは、ちょっと違うなぁ。

 

・・・って今まで思っていたのですけど、このソル・ベニは鰻と合わせても、非常に美味しかったです!きめ細かくシルキーなタンニンで、複雑さとまろやかさが寄り添うのでしょうねー。特に、山葵をつけた白焼きと、山椒味噌をつけた上品な蒲焼きとの相性が、私はとても好きでした。このニョロ助さんの鰻が蒸さない地焼きスタイルなので、白焼きはパリッと&蒲焼きはムチっとしていて、江戸前系よりもやや香ばしさと食感がしっかりしているという点も、きっと赤ワインとの相性の良さを加速させているでしょうね♫

 

って、食いしんぼう鰻談義になってしまった。笑

 

ソル・ベニは、単体で飲んでも、お料理と一緒に楽しんでも、素晴らしいワインです!(鰻は身を以ておすすめ)✨

 

ぜひ飲んでみてください😊🍷✨

 

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


▼これから始まるとみたの講座やワイン会
随時更新。せっかくのご縁ですので、一緒に飲みませんか(^^)
https://tomiwine.com/seminarcontents

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP