【2021年】過去に試験に合格された方へお願い|ソムリエ・ワインエキスパート試験

※過去の記事をアップデートしたモノです。

 

ソムリエ・ワインエキスパート試験を今年でなく、過去に合格された方へ。

 

ますます楽しんで、ワインの学習を深めていらっしゃいますか。

 

これを読んでくださっている皆様は大丈夫だと思うんですけど、そういえば、たまにトラブルがあるようなので、一つお願いがあるんです。

 

試験のアドバイスをされる際についてです。

 

受験は一年一昔

「教える、伝える」ということは、ご自身も勉強になると思いますしお互いにとって非常に良いことだと思うのですけれど、試験は毎年変わっていきますし、ともなって各スクールのカリキュラムや体制、講師陣の授業の進め方も毎年猛スピードでブラッシュアップして変わっていっています。

 

もしアドバイスされる時は「あくまでご自身の時は」という謙虚な姿勢を忘れずに、「受験は一年一昔」だと念頭において欲しいな、というお願いです。

 

たとえば…不合格になった方に、

 

「ええ!?一次試験なんて過去問やっとけばOKなのに、落ちたちゃったの?」

「二次(三次)試験なんてほとんどの人が合格するのに、落ちたの?嘘でしょ?」

 

とか、悪気なくそういうこと言っちゃう方、中にはいらっしゃるようなんですよね…

 

たまたまお友達同士の場でそんなことを言われて、ただでさえ頑張ったのに結果が出せずショックなのに、でも場の雰囲気を悪くしないようにと思って泣きたい気持ちを堪えて、なんてことも聞くんですよ。

 

ご自身の時代に簡単だったことが、今は簡単ではない、ということもありますよね。本当にどなたも悪気はないでしょうし、お酒の勢いで気が大きくなっちゃってつい、とかもあると思うんですけど、ぜひそこはご配慮をお願いしますね。

 

スクールや講師も同様

あと、特にワインスクール関係に行かれた方、「あの先生はこう」という話に花が咲くこともあると思います。

 

受験クラスは特に口コミが集客を左右する面が大きいなと感じておりまして、私もおかげさまで近年「とみた良かったよ」と言ってくださる方々のおかげで新たに来てくださる方が多くなってきましたので、とてもありがたく思っております。(参考:「とみた受験授業を評価してもらいました結果」)

 

ただ、他の先生も大なり小なりそうだと思いますけど、特に私は、本当にしょっちゅう「やり方」が変わるんですよね。笑

 

受講生層に合わせてと、自分の成長のために毎回新しいチャレンジを取り入れているからです。毎年大きく試行錯誤です。

 

私は「全く同じ授業内容のコマでも、受講生が異なればそれに合わせて授業も異なって良い。同じ授業は二度となくて良い」派ですので、例えば今年は週5つの受験クラスを担当させていただき、同じ授業内容を週5回行なったわけですが、5回とも全て進め方が異なりました。

 

正直、成功も失敗もあります(あの話はしなくてもよかったなぁ、次回からやめよう、とか^^;)。もちろんお客様を実験台にしてはいけませんが、なんでも最初から上手な方はいらっしゃいませんので、本筋を逸脱しない範囲であればどんどん新しいチャレンジを取り入れて進化した方が良いと私は思っています。

 

きちんと一分一秒単位で計算された、「いつどこで受けても平等で同じ」な授業をお好みの方には私のやり方は合わないかもしれませんが、それならば録音・録画を流せば済む話じゃないでしょうか。こんなご時世で、これからの時代にわざわざリアタイしていただくことの意義として、私は「その場にしかないLIVE感」を大切にしていきたいと強く思っています。

 

余談ですがそういう考え方もあって、事前作成資料は私の中でそんなに重要でないので、このサイトで公開できる資料は公開しています。もしかすると、わざわざ私の授業にお金と時間を使って来てくださる受講生からしたら、オリジナル資料を無料で公開されるのは、例えるなら高く買った服がバーゲンで叩き売りになっているような、なんだか損した気分になるかもしれません。でも、もしそうであれば、それはまだ「生授業」の価値をそこまで高く感じてもらえていない、今の私の力不足です。データの資料も、録画の授業も、家にいながらいくらでも手に入る時代になりましたので、わざわざお時間をいただき生で授業を受けていただく価値は、今後も最優先で高めていきたいです。LIVE感。ほんとLIVE感重要だと思っています。

 

話を戻しますが、なので、昔の生徒さんが「とみたはこうだから…」などと善意で紹介してくださっても、実は「うーん、たしかにちょっと前はそうしてたけど、ごめん今そうじゃないんだよね…」という場合も多くて、もちろん改悪することはなく改善ばかりのつもりなんですけど、「聞いてたのと違った!」ということもあるかもしれませんので、もし話してくださるときは「自分の時はこうだったよ」に留めていただけると有難いです。

人は成長し変わっていきますよね

逆に私も人様を拝見するときは、息子を見てきたこともあり人は成長し変わっていくものだと心から思っておりますので、昔の印象で一方的なレッテルを貼らず今のそのかた自身を改めてちゃんと見るように心がけています。

 

お久しぶりの方も改めて仲良くなりたいですし、もしかして「昔とみたに悪いことして気まずいなぁ」なんて思っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら全く気にしてませんので、またぜひ一緒に飲んでくださいね。(^^)

 

何はともあれ、素敵な有資格者の方がたくさん増えられるよう、一緒に応援してくださると嬉しいです!

 

しばらくご無沙汰の方、試験後のブラッシュアップの講座もよかったら♪

 

▼ソムリエ試験後、試験も良いけど試験系じゃない勉強のススメ
https://tomiwine.com/afterexam

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


▼これから始まるとみたの講座やワイン会
随時更新。せっかくのご縁ですので、一緒に飲みませんか(^^)
https://tomiwine.com/seminarcontents

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

<ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ>

▼一次対策記事一覧
https://tomiwine.com/jsacontents

▼ソムリエ・ワインエキスパート試験の初期によくいただくご質問
https://tomiwine.com/sowe

▼学習お役立ちツール
https://tomiwine.com/tools

▼ペーパーレスでの勉強法
https://tomiwine.com/blog-51

▼しんどい時期、どう乗り越えた?(卒業生のアドバイス)
https://tomiwine.com/jsa-2 

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP