合格率や出席率等お気遣い不要ですよという話|ソムリエ・ワインエキスパート試験

「先生の合格率下げたら申し訳ないから、他のクラスに申し込もうかな」

「決まった曜日に通うのが難しく、振替も多くなっちゃうと思うので申し訳ない」

などなど、気を遣ってそう言ってくださる方がいらっしゃるんですが…

正直な話

私の講師料は申込人数の歩合制で決まるので(振替はノーカウント)、もしもそのようなお心遣いをしてくださるならば、勉強に自信がなくても来られない日が多くても何でも、とにかく「自分の担当クラスに受講生として申し込んでくださる」というのが立場上は最も有難いです。ご紹介も同様です。

合格率は、やはり集客できて合格率も高いほうが優遇してもらえるとか、もしかしてあまりにひどいと次から受験講座をあまり持たせてもらえなくなるとか、そういうことはあるかもしれませんが(あくまで推測)、今のところ直接的に待遇がどうなるというのはありません。

ただ、それは(言い方悪いですが)こちら側の話でしかなく、受講生側が気にされることではないでしょう。私も目先の利益だけのために仕事をしているのではないですし。

もちろんせっかく受講してくださる以上、高い合格率を常に目指してはいますが、みなさまそれぞれご家庭・お仕事の事情や急な状況の変化がある場合もありますので、もし難しくなった時は苦行を続けるより、諦めたっていいと思います。受講生の皆様の人生の幸せが最優先ですので、合格率に拘り無理に試験を続けていただくこともありません。ただ、諦める前に相談していただけたら嬉しいなぁって思います。黙ってドロップアウトされるのは寂しいですので。

私はどんな形でも皆様を応援できたら嬉しいです♪

結局は

ご本人が最も居心地良く、最大限にモチベーション高く頑張れるクラスに申し込まれるのが、一番でしょう。

ちなみに、先生との相性は大事だと思います。とても。受験後もご縁は一生続きますし。

合格率や出席率などはお気になさらず、選んでくださったのが私のクラスならめちゃくちゃ嬉しいですけど、そうでなくても、相性の良い先生のクラスに申し込めることを祈っております。ということで。

さあ、ソムリエ・ワインエキスパート受験対策講座、ゴールデンウィークくらいまでは途中入校の方もいらっしゃるいますし、序盤を逃した方向けのキャッチアップレッスンなども例年あります。「しまった!やっぱ行きたい!」という方も全然遅くないですのでぜひ。

一緒にがんばりましょう❣️

関連記事

ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ
https://tomiwine.com/blog-44

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

<ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ記事>

▼二次対策記事一覧
https://tomiwine.com/jsacontents-2

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP