「倍速で聴いてます」は褒め言葉だと思う。

今日ね、とある方が、こうおっしゃったんですよ。

 

「実は先生の講義、倍速で聴いてます」

 

これは嬉しかったので、昨今のオンラインセミナーに関することも含めて個人的に思うことを書きます。

 

私の話し方が倍速で聞かないと耐えられないくらいスローでまどろこしかったという可能性もあるのだけど、なぜ嬉しかったかと申しますと。

 

今、オンライン化が進んでお顔や反応の見えない方々へ授業をする機会が増えてきたことで、改めて日本語の話し方や伝え方をちゃんとしないとと実感し、NHKアクセント辞典など活用しながら滑舌検定や朗読検定をコツコツ受けています。そのきっかけのひとつが、まさに「倍速再生」だったからです。

 

私は普段PCで資料作りや授業準備をしながら、よく、AmazonのAudibleやYoutube等で勉強になりそうな本や動画を1.5〜2倍速で聴いています。

 

Audibleは声のプロの声優やナレーターの方が読み上げてくれるし、Youtubeも人気YouTuberのかたは喋りのプロまたはセミプロ級の方が多いので、速いスピードで再生しても大凡の内容を理解しながら聞き取ることができます。

 

しかし、同じように作業中に自分の講義や(ワイン業界に限らず)いろんな先生方のセミナーも1.5〜2倍速で聴いてみて、ハッとしました。

 

もともとの話し手の滑舌や抑揚がしっかりしていないと、速いスピードにしたら音が潰れてしまうので何を言っているかわからず、うまく聞き取れないのですよね。。。

 

ああ、声のプロの方々ってすごいんだなぁと、改めて思いつつ。

 

違うかもしれませんが、ちょっぴり、果汁濃縮を連想しました。結局もともとの果汁が熟していないと、糖分だけでなく青さやえぐみまで一緒に濃縮されてしまうことがある、という。

 

一般の講義の場合、濃縮(速いスピードで再生)すると全体が詰まるので、たとえば不要な「えー」「あー」等が多いとか、不要に語尾が伸びる、不要に語尾が上がる、不要な間がある、などに関しては目立ちにくくなり、聞きやすくなる面もあると感じました。しかし、発音が明瞭でない部分やアクセントの相違なども一緒に濃縮されてしまうため、要所要所で正確に言葉が聞きとれず、結局は内容を理解しにくくなってしまうなぁと実感しまして。

 

やっぱり、素のぶどうを良くしないと、いけませんね。そして、あまり余計なクセがあると聞き手が内容に集中しづらいので、聴いてくださる方々のために、直すべきですね。痛感します。

 

これからの時代はセミナーの受講の仕方も多様になって、オンラインや録音で聴くという方々もますます増えていくのでは、と思います。時短で聞きたいから速いスピードで再生するということも、すでに多くの方が行なっているでしょう。ワインの講師は声のプロではないのでそのあたりは専門の方々には到底及ばないのだけど、できるかぎり、より多くの方にちゃんと伝わる話し方がしたいな、その中でもちろん速いスピードでの再生にも対応できる話し方をしていきたいな、と。

 

そう思って努力している最中でしたので、むしろ倍速で聴いていただけて違和感がないのであれば、これはとても嬉しくて。

 

貴重な一歩というか、もっとがんばろ、と思いました。まだまだ全然できていない事は自分が良くわかっているので、精進していきます。本当に奥が深いですよね、伝え方って。

 

ちなみに今、飲食店など接客業の皆さまもマスクをしながらのお仕事ですよね。いつもより少し、話す方は話しづらい、聞く方も聞こえづらい、そんなこともあるのではないかと思います。ただでさえ、特に高級レストランの料理名やワイン名は一般の方からすると耳慣れなくて呪文に聞こえやすいと思いますし…。これは話し手の根本的な発声や滑舌、抑揚などがほんのちょっぴり向上すると、かなりお互いが楽になると思うんですよね。ワインの知識だけでなく、そこらへんも頑張っていらっしゃる方々の少しでもお力になれたらいいなと思うので、いずれ滑舌検定や朗読検定の講師資格も目指そうと思っています(家では夫に「一体どこへ向かってるんだ」と笑われていますけども。笑)。

 

こんなご時世でも自分が健康に生きていて、形式は多少変わるところがあっても変わらずワインのお仕事ができているので、改めて幸せだなぁと感謝しつつ。まだまだ大変な時期が続いていますが、みんなで一つひとつ、できることを頑張っていきましょう☺️🍀✨

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP