とみたクラスの推しポイント

※「受験講座のご案内」に書いていた文章を、加筆修正して別記事にしたものです。

そういえば、「ADVは先生によって授業の進め方も雰囲気も全く違う!」とよく受講生の皆様が仰いまして、たしかに、と私も思っておりまして。先生って大事ですよね。本当に。

(参考「講師によって言うことが違う!https://tomiwine.com/jsatt-6」)

皆様バックボーンも違いますし、講師のバラエティが豊かな点も、ADVの良いところでもあるでしょう。

良い悪いじゃなくて、人間だから相性があると思うので、自分のクラスの推しポイントというと、、、

私は「一緒に」頑張りたいタイプなので、割と受講生との心理的な距離が近いほうだと思います。それが心地良い方には合うと思いますが、キチッとカチッとした「いかにも先生」って感じがいい、という方にはもしかするとあまり向いていないかもしれないです。

おかげさまで近年は資料だけでなく、話し方・時間配分・クラスの雰囲気なども褒めていただけることが大変多くなりました。座学もテイスティングも全てデジタルに特化しており、極めて身軽にご来校いただけることも、喜んでくださる方が多いです。

ですので、特に、
まるで私のように、

1.集中力が続きにくい方(自分が大好きなことなら徹夜もあるが、話が面白くないと1〜2時間もじっと聴くの苦痛)

2,抑揚なく淡々と説明されたらすぐ眠くなってしまう方(毎日忙しいから疲れてるし、話し方や構成が工夫されてないとすぐ睡魔が来る)

3.講師の話し方に「えー」「あー」等の余計な言葉が多かったり、訛っていたり、語尾が伸びがちだったり変に上がったり、声が小さかったり逆に大きかったりで耳に優しくなかったりすると、ちょっと聴きづらいと感じる方(クセが強いと話の内容がイマイチ入ってこない)

4.教科書に線を引かされたり板書を書き写させられたりするのがしんどい方(わざわざ時間使っていくんだから最初から重要箇所まとめたの渡してよね、時間と労力の無駄遣いさせないで、と思う)

5.分厚い教本とかテキストとか筆記用具とか色々持って移動したくない方(重いのイヤ、電話帳のようなソムリエ教本を毎回学校へ持って来いとか鬼だと思う)

6.紙の資料を綺麗に整理するのが苦手な方(片付け苦手なので溜まっていってしまい積読の山になるし、紙はそれ自体が汚れるし劣化するしエコじゃないから、基本的にデータ配布のほうが嬉しい)

7.飲食店の激務の傍ら…子育ての傍ら…勉強するってマジ大変なんだぞ!と思う方(その頑張りを講師が他人事じゃなく経験者として自分事でわかってくれたらちょっと嬉しい)

8.振替が多くなりそうでクラスに馴染めるか不安な方(願わくば先生には常連以外へも平等に一人一人への配慮が平等に欲しい)

9.社交的に振る舞うことはできるけど根はコミュ障な方(独りぼっちも寂しいけど半強制のグループワークもあんま得意じゃない、自分が合う人と話したいから自然にそういう雰囲気にしてほしい)

10.講師に特定の産地や品種や人物などを遠回しに貶すような表現はして欲しくない方(いくらわかりやすくするためであっても言葉は選んで欲しい)

11.無理のない範囲で参加するから、クラス会を企画してくれると嬉しい方(できる範囲で交流したい、ワイン仲間やおともだち欲しい)

12.(※受験講座で)やらなきゃいけないのはわかってるからプレッシャーかけすぎないで欲しい、やるときはやるから劣等生でも見捨てないで欲しい方(小テストや予習復習などで周りと足並みを揃えられないかもだけど「自分のペース」があるから見守って欲しい)

13.(※受験講座で)最新の傾向をしっかり踏まえた上で極力絞って欲しいと思う方(もちろん全部覚えた方がいいのはわかるが、わざわざ受験対策講座に貴重な時間とお金を使っているのだから、ちゃんと受験に特化してほしい。「あれも覚えてね、これも覚えてね」「捨てちゃダメですよ」が多すぎても萎えてしまう。だったらスクールの受験対策講座ではなく独学や基礎を学ぶ講座で良いじゃんってなる)

などなど、上記にひとつでも当てはまる方は、特に私のクラスは合っているのではかなと思います。ちなみに上記は受講生側になった時の私そのものです😂

自分が計画性なく片付けもできず人様の話を落ち着いて聞けないダメ人間だから、そんな自分でもついていけそうな講義を心がけます。

自分が受験した10年ちょっと前は、シングルマザーで時間もお金も余裕がない中で勉強していたので、日々の生活と働くことに精一杯でした。同年代の、海外研修へ行ったり資格試験やコンクールに挑戦できたりする友人・知人が、羨ましくて眩しかったです。

やっと最近子育てがほぼ終わり、自分も好きなことに挑戦する余裕が生まれてきて、改めて思います。

勉強は、贅沢ですよね。

そして、自分も受講生側で色々学んで、改めて思います。先生って超大事。同じことを学ぶ場合でも、先生によってわかりやすさもモチベーションの高低も全く変わってきますよね。もし、そうして選んでくださったのが私のクラスならこの上なく嬉しいですけど、そうでなくても、本当に先生は良く吟味して選ばれることを強くお勧めします。よく知らずに日程優先で選んで、先生は「ガチャ」のように当たりはずれがあるような選び方をしてしまい、後悔される方もしばしばいらっしゃるようですので。(はずれというのは言い方が悪いですね…先生が良い悪いでなく、ただ相性の問題で。)

もし、ワインを勉強してみようかなというお気持ちが少しでもあって、それが許される環境ならば。

ワインの学習、心からおすすめします。

そして、そんな皆様を応援したい。

もっと多くの方に、笑顔になってもらいたい。

日々反省を活かしてパワーアップし、さらにご満足いただけるよう精一杯努めてまいります。どうぞよろしくお願いします💪🔥✨

参考になりそうな記事

▼とみた授業を評価してもらいました。「2021年受験講座のアンケート」
https://tomiwine.com/blog-39

▼とみた授業のご感想もたくさん書いてくださってます。「【まとめ】皆様の勉強法(兼、合格体験記)」
https://tomiwine.com/jsa-2

▼ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ
https://tomiwine.com/blog-44

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

▼公式LINE「とみライン」
不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ
https://tomiwine.com/blog-44

▼とみたクラスの推しポイント
https://tomiwine.com/blog-36

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP