ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ

たとえばソムリエ・ワインエキスパート受験講座など、同じ講座を曜日によって複数の先生方がご担当されている講座の場合、同じ学校で同じ講座で同じ受講料なんだから、どのクラスを選んでもそれなりに同じ感じだと思われるでしょう。これがね、全然違うんですよ。笑

アカデミー・デュ・ヴァン(以下ADV)は講師の自由度が非常に高いので、同じ講座でも講師によってかなり異なると思います。場合によっては、「同じ受講料でもクラスによってこんなに全然違うなんて思わなかった!知らなかった!!もし知っていたら、最初からこの(あの)クラスにしていたのに・・・」と、実際に講座が始まってから仰る方もしばしばいらっしゃいます。

でもね、これは悪いことじゃないと思うんですよ。ただ、知らないより知っておかれたほうが選びやすいのではと思いますので、そこらへんについて思うことを書きます。

まず、なぜ同じ講座でも先生によって異なるのか、です。

先生によって違う理由①バックボーン

ワインに限らず、同じことを説明するのにも人が異なれば、もっと言うと話し手の育った環境や性格や価値観や年代や性別や諸々が異なれば、もちろん話のニュアンスも異なりますよね。

ワインスクール講師で言えば、お若い頃からずっとレストラン勤務でソムリエ現場経験の長い方、インポーターとして世界中の生産者を訪れてきた方、ワインに限らず教育分野自体に力を入れてこられて講師専業の方…などなど、それぞれ同じことを説明するのに、見ている視点や使う言葉、身近なエピソードやご経験談などは、どうしても同じではないでしょう。

だからこそ楽しかったりもしますね。

人によってすんなり理解しやすい言葉や話し方は異なると思いますので、「この先生の話を多く聞いてみたい!」を大切にされると良いでしょう。

先生によって違う理由②集まる客層

前年度から継続受講の方やOB・OGのご紹介の方もよくいらっしゃり、「その先生が好き/その先生ありき」で申し込まれている方も少なくないため、講師によって多少の客層の偏りがあると申しますか、クラスの雰囲気や受講生層も講師の色がでるように感じます。

例えば独身の美男美女の先生には異性のファンの生徒さんが多くなりがちだったりとか(あくまで例え話です。ただ、私も独身時代と再婚してからで受講生層が少々変わったような気がします。ぶっちゃけ昔はどちらかというと男性が多かったのですが、今は女性が大変多いです)。

どこのスクールや何先生というのは申しませんが、しばしば私もこんな話を受講生の方々から耳にすることがあります。

「アイドルみたいな先生で、受講生は親衛隊みたいな人が多くて、ひいた」

「ゴージャスな先生で、先生も受講生も高額なワインの話ばかりしていて、自分みたいな庶民は場違いだと言われているみたいだった」

うーん。お気持ちはわかるんですが、そういうとき、できたら先生やスクールのことを悪く言わないであげて欲しいんですよねー。

このご時世、先生のプロフィールやSNS投稿等で、どんなお顔やお人柄かはおおよそわかると思います。あまり良くない言い方かもしれませんが、その先生を好んで集まりそうな客層は、冷静に見れば事前にだいたい予想がつくのではないですか?目の保養が重要な方はビジュアルが優れた先生を好むでしょうし、ゴージャスな話を求めていらっしゃる方はゴージャスな雰囲気の先生を好むでしょうし、、、

先生方それぞれが、そのビジュアルや雰囲気や授業スタイルでやってこられて、それを学校側が良しとして仕事を依頼しているわけですので、先生もスクールも誰も悪くないと思うんです。

一つの学校の中に、ビジュアル系、ゴージャス系、親しみやすい系、熱血スパルタ系、マニアック系など、バラエティ豊かに異なる先生のタイプが揃っている方が、様々な受講生のニーズに応えられますもんね。必要ですよね。

受講生の皆さまは、そのように先生方もバラエティ豊かであるということを踏まえて、どう選ぶかじゃないでしょうか。

もしクラスの雰囲気を大切に考えられている方は、先生のプロフィールやお人柄などとともに、「こういう先生の元に集まる生徒さんたちって、どういう方が多いんだろう」と一旦考えてみるのも大変重要なことと思います。

たとえば、ご自身だって美形の先生に惹かれて来たくせに、周りも同じように美形に惹かれて来た同性ばかりだと文句を言う、なんて不毛なことのないように(もちろん美形が悪いと言うことではなく、そこは文句を言うところじゃないでしょうよ、と言う意味で)。笑

だから、先生で選ぶべき

そのように、同じ講座でも先生によって授業の進め方も雰囲気も大きく異なるので、もちろんスクール選びも重要ですし、その中でも先生選びはもっと重要です。

どのクラスが良い悪いじゃなくて、やはり人間同士なので、好みや相性があると思うんですよね。最終的に大事なのは「人」ではないでしょうか。

卒業後も何先生のクラスだったかで盛り上がったりご縁がつながったりすることもよくあります。その場だけでなく、講師やクラスメートとのご縁はずっと続きます。

可能な範囲なら少しの無理をしてでも、日程よりも、どの先生にするかを優先でクラスを選ぶほうが圧倒的にオススメです。

無理な日時は、お振替もできるので安心してください。

でも難しいこともありますよね

とはいえ、この先生がいいなと思っても、実際には日程や場所の都合で難しい場合もありますよね。

経験談として、ちょっとの無理なら、絶対にしたほうがいいです。貴重なお時間とお金が必要なことですので、同じ時間と金額を使われるなら、最も有意義に、と言う意味で。だって全然違うから。

でも、あまりにもどうしても日程がすごく無理なら、しょうがないですよね。何を優先されるかはその方次第ですし、そこはケースバイケースでしょう。

申し込んだクラスを考え直したい場合

講座お申込後でも、その講座の第一回が始まる前までなら登録クラス変更可能です。

講座が始まってしまうと、ご登録のクラスは変えられません。ご登録クラス以外のクラスへは、もしもお席が空いていた場合のみ、その都度申請していただき振替として行くことはできます。お振替は一応、「もし空席があれば可能」という前提であることも、留意しておいたほうがいいかもしれません。(例年、受験は人数が多いので、特に人気のクラスへは振り替えようと思っても空席待ちのままお席が空かないこともしばしばあるようです・・・)

お振替でいらっしゃる場合

「他のクラスだったから・・・」

「振替なので・・・」

と、ちょっぴり肩身が狭そうに遠慮されている方を見かけます。

授業にしても、クラス会等にしても、他の皆様と同じようにお金を払って参加されているのだから、堂々と楽にしてくださいよう。と思います。

「私は〇〇先生チルドレンだから」

「俺の師匠は〇〇先生だから」

みたいなことをおっしゃる方もいらっしゃいますが、正直あまり私はピンとないんです。

たしかに私にも、「師匠」なんて呼んでくださる卒業生の方がたまにいらっしゃり、有り難くうれしいのですけれども、なんていうんですかね。。。

以下は、私が個人的に好きな考え方で、朗読検定協会代表理事の村山さんが以前書いていらっしゃったことの受け売りです。

「師匠は弟子からお金を取らない。むしろ、師匠ならば弟子の分を払ってあげるべき。お金をいただく限り、生徒さんは弟子ではなく、お客様」。

たしかにそうだなぁ、と思うんです。受講生の皆さまは、お金を払ってるんだから、いろんな学校や先生方の大事な「お客様」でしょう。みんなにとって、大事なお客様です。

だから、ご受講されているクラスが何先生だとか、誰門下だとか、そんなことはどうでもいいので、クラスやスクール関係なくどこへ行ってもぜひ堂々と楽しんで欲しいです。卑屈になる必要も、もちろん逆に妙なマウンティングをする必要も、全くないでしょう。

私も昔は、お振替の方に対してちょっぴり「普段は何先生のクラスなのかな」と気になることはありました。

なぜかと言うと、先生によって板書中心だったり、お話中心だったり、スライド中心だったりなど、進め方がまるで異なったりするから、いつもと異なる先生だと受講生側が戸惑われる可能性があるからです。なので授業の際は普段の先生がわかると「その方にとっての普通」がわかるので、対応しやすいかなと思いまして。

でも、そもそも私のクラスの方であっても、全員に私のやり方が最も合っているかどうかわからないんですよね。クラス問わず「今の私の進め方はこうですが、やりやすいようにご自由にしてくださいね」がいいかなと、最近は思っています。たとえばテイスティングコメントも、Web入力ができる方は入力フォームを使っていただき、苦手な方は従来通り紙に書いていただくなど、諸々を各自の自由にしていただいています。

なので近年は、「ふだん何先生なのか」が、あんまり気になりません。人数は多い方が楽しいですし、みんなウェルカムです♪

まとめ

スクール選びや先生選びは非常に重要ですので、講師やそこに集まる客層との相性を優先で選ぶのが絶対的にオススメです、ということで。

そうして選んでくださったのが、もしも私のクラスならめちゃくちゃ嬉しいですけど、例えそうじゃなくても、みなさまに一生の素敵な出会いがあると良いなと思っています。

自分も受講生時代があり、今もおかげさまで多くのクラスを担当させていただいている身として思う、今の正直な気持ちです(^^)

ちなみに私の講師料は集客人数の歩合制(振替はノーカウント)なので、クラスご登録時にはぜひ私のクラスを選択してくださると泣いて喜びます。笑

関連記事

▼合格率や出席率等お気遣い不要ですよという話|ソムリエ・ワインエキスパート試験
https://tomiwine.com/blog-47

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


▼これから始まるとみたの講座やワイン会
随時更新。せっかくのご縁ですので、一緒に飲みませんか(^^)
https://tomiwine.com/seminarcontents

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP