【ご質問】白は冷えているから、赤を先にテイスティングした方がいい?やっぱり順番に白から?|ソムリエ・ワインエキスパート試験

最新のお知らせ

▼おうちでテイスティング ハーフボトルセット
5月4日にリアルタイムのオンラインセミナーが開催され、その録画と資料がついています。今からでもお申し込み可能です。在庫限りで終了です。
白セット:https://www.duvin.jp/course/2345
赤セット:https://www.duvin.jp/course/2336

▼5月19日(日)ブルゴーニュ グランクリュづくしのマリアージュ(単発講座)
DRC、アルマンルソー、ヴォギュエなど。一緒に至福の夜を過ごしませんか。
https://www.duvin.jp/event/2301

▼【2024年6月末〜8月】Wine Lover講座 シャンパーニュ編(全5回)
美味しいシャンパーニュで、一緒に夏を楽しみませんか?毎回クラス会のような、楽しい雰囲気で、しかも勉強になる!という講座を目指します(^^)
https://www.duvin.jp/event/2347

▼7月7日(日)シェリー受験対策「準備」講座 シェリーアンバサダー編(単発講座)
お試し講座です!試験についてと基礎、どなたでお気軽にぜひ。
https://www.duvin.jp/course/2359

▼プレゼン・接客力UP!通る声で滑舌良く話せるようになろう~そして授業後半は楽しく飲もう~
8月22日(木)19:00、気軽な単発講座です!
https://www.duvin.jp/event/2365

いつもありがとうございます。今日も一日、皆様に素敵なことが沢山ありますように✨

____________________

※過去の記事をリメイクしています。

結論、昔からどちらの方法もあるので、好みで、どちらが先でもいいと思いますよー。

「白は最初、冷えていてわかりにくい。赤から始めて、その後に白の方が温度がちょうど良くなっていてわかりやすい」と言う方もいらっしゃれば、

「赤は渋味や樽など濃くて要素が多いので、赤を先に飲んだ後に繊細な白が出た場合に、特徴がわかりにくい。王道で軽い方から、白からの方がいい」と言う方もいらっしゃいます。

もし白を先に行なって、冷えていてイマイチわからないのであれば、手でグラスを温めれば急速に温度が上がりますし、「とりあえず仮に」おおよそのコメントを作っておいて赤までやってから、戻って再確認・修正すればよいでしょう。

本番で、やりやすい方法や順番は人によると思いますけど、私は、

「開始早々まずは、スティルワインは全部一口ずつ飲んでみる」

というのが、おすすめです。(その他のお酒は後回しの方がいいですよ)

時間が経ち温度が上がったり空気接触をしたりすることでわかりやすくなる香りもありますが、一方で、飛んでいってしまいやすい香りもあります。まず供出されたばかりの同じ状態で、私は最初に一度全部飲んでみます。

あと、律儀に1番目から順番にコメント取っていくと、3〜4番目のワインの頃には温度が変わってきてしまっていることがあるのと、あまり慣れていない方は特に、最初の方のアイテムと最後の方のアイテムでだんだん評価基準がブレちゃったりすることがあるかなと思ったりもします。

最初にちょっとだけ全部、外観見て、香って、飲んでみて、おおよそ、こんな感じの品種かなぁとか、軽め(重め)だなぁとか、本当におおよそでいいので考えてみて。合計、せいぜい2〜3分以内で。

一息ついて、よしやるぞ、で、ちゃんとテイスティングしてコメントに落としていく。私は、この戦法が好きです。

最初に全部確認したら、白からでも赤からでもいいから、コメントを作りやすいアイテムから始めるのがいいと思います。ありませんか?これはコメント作りやすいかも!と思うものと、よくわからないものと。なるべくやりやすいものからやって、好調な滑り出しを私はしたいです。ただマークする場所だけ、間違えないように注意してくださいね。

余談ですが、昔フランスのジュラ地方のシャトー・シャロンの生産者を訪れたときは、テイスティングが赤が先でした。涼しい産地ですし赤は軽めのものが多いのに対して、白は名物のヴァン・ジョーヌや、そうでなくても産膜酵母の影響のある造りのものが結構あり、白の方が個性が強いものが多いからですね。

ちなみにジュラの白はひと昔前ですと、普通のシャルドネでもサヴァニャンでも「放っておいたら産膜酵母わいちゃった」みたいなのも多かったかもしれません。現在では「ウイエ」といって、ウイヤージュをするフレッシュ&クリーンなタイプも増えていますので、両方楽しいですね♪(試験に関係ない余談でした)

日々練習をしていると、「わかったかも!できるようになったみたい!」と喜んだ翌日に、やっぱり全然ダメで、あれはまぐれだったのかと落ち込んだりすることもあると思います。

実技系の上達って、割とみんなそうだと思います。

0か100かじゃなくて、できたりできなかったりしながら、だんだん「できる」が多くなっていくものでしょう。成長している証拠ですので、自信を持って続けてくださいね!

____________________

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼公式LINEとみライン
友達追加してあげてもいいよという方はぜひ。ワイン会や講座のお知らせを配信しています。
https://lin.ee/v6033DR

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。LINEより文字数多めです。受け取ってあげてもいいよ、というかたはぜひ。
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

____________________

<今、ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ講座&記事>

▼おすすめの勉強法
https://tomiwine.com/good-6

▼ソムリエ・ワインエキスパート試験の初期によくいただくご質問
https://tomiwine.com/sowe

▼まとめ資料や過去問・類問集を非公開にいたしました経緯
https://tomiwine.com/blog-64

▼【ご質問】どうにか過去問・類問集を使わせて欲しい
https://tomiwine.com/blog-65

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP