【2019年】シェリーマリアージュ徹底訓練

2019年度シェリー教本のマリアージュ頁をまとめました。

もちろん「これ以外は絶対に合わない」というわけでは全くなく、これはあくまで「試験用」です。実際には複数に合うものが多いですから、ぜひ色々お試しくださいね!

ハモン、ガンバス、パタタスなどは複数あり、合うとされているシェリーが異なるのでお気をつけて。

以下、写真付きのもう少しわかりやすそうなバージョンを作りましたので、よろしければお役立てください💡

お料理写真は、以前シェリー教本改訂に携わらせていただいたときに、西麻布フェルミンチョの作元典子さんがご提供くださったものを、たくさん使わせていただいています(プラス、私の個人写真やフリー素材などです)。テキストは、そのときに整理収納アドバイザーの小林由未子さんが枠組みごと作ってくれたものをベースに使わせていただいています。のりこさん、ゆみこちゃん、ありがとう!!☺️

覚えたら、クイズに挑戦してみてください💡

あなたの正解数は:  

あなたのレベルは:  

おまけ

Sanlúcar de Barramedaを代表するボデガの一つのイダルゴ・ラ・ヒターナのミゲルさんが、エビの塩茹での食べ方を教えてくださってる動画。エビをManzanillaにつけて食べても美味しい…!!

登場してくれているのは、奈良のTHE KASHIHARAのソムリエール&ベネンシアドーラ裏裕子ちゃん。

エビ、シャコ、アサリ、イソギンチャク、サメなど、海の幸がよく出てきます。シンプルな魚介系のお料理にキリッと冷えたManzanillaやFino、間違いなく美味しいのでぜひやってみてください…!!

魚介のスープリゾットのようなお料理(上記資料Manzanilla項の「アロス・カルドソ・デ・マリスコ」)に、Manzanillaを入れて食べるシーンも。
ユニオン・リカーズのアルフォンソさんがシェリーを入れていらっしゃるところ。

濃縮された魚介の旨味がたっぷりの濃いめのリゾットに、ManzanillaやAmontilladoなどは、すっごく美味しいのでぜひ☺️

「シェリーはいつ飲むの?食前酒?」とおっしゃる方も多いですけど、和洋中どれでも幅広くお料理に合わせられますので、色々と試してみてくださいね✨

<追記>

アルフォンソさんよりご指摘いただきました…!!

※動画内のエビはGAMBA(エビ・ボタンエビ・甘エビなど)ではなく、LANGOSTINO DE SANLUCAR(サンルカール原産の車エビ)だそうです。

※フィノの相性料理にあるLechaza de Calamarは、正しくはHUEVAS DE CHOCOだそうです。

どうもありがとうございます!!✨

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。


▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

🇪🇸シェリー関係の現在のおすすめ記事

●ベネンシアドール・シェリーアンバサダー受験講座はこちら
(2021年度は試験が中止となり、ともなって講座も中止となりました。また2022年によろしくお願いいたします!)

●お近くのシェリーがグラス一杯から楽しめるお店は、こちら

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP