【2019年】シェリーマリアージュ徹底訓練

2019年度シェリー教本のマリアージュ頁をまとめました。

もちろん「これ以外は絶対に合わない」というわけでは全くなく、これはあくまで「試験用」です。実際には複数に合うものが多いですから、ぜひ色々お試しくださいね!

ハモン、ガンバス、パタタスなどは複数あり、合うとされているシェリーが異なるのでお気をつけて。

以下、写真付きのもう少しわかりやすそうなバージョンを作りましたので、よろしければお役立てください💡

お料理写真は、以前シェリー教本改訂に携わらせていただいたときに、西麻布フェルミンチョの作元典子さんがご提供くださったものを、たくさん使わせていただいています(プラス、私の個人写真やフリー素材などです)。テキストは、そのときに整理収納アドバイザーの小林由未子さんが枠組みごと作ってくれたものをベースに使わせていただいています。のりこさん、ゆみこちゃん、ありがとう!!☺️

覚えたら、クイズに挑戦してみてください💡

あなたの正解数は:  

あなたのレベルは:  

おまけ

Sanlúcar de Barramedaを代表するボデガの一つのイダルゴ・ラ・ヒターナのミゲルさんが、エビの塩茹での食べ方を教えてくださってる動画。エビをManzanillaにつけて食べても美味しい…!!

登場してくれているのは、奈良のTHE KASHIHARAのソムリエール&ベネンシアドーラ裏裕子ちゃん。

エビ、シャコ、アサリ、イソギンチャク、サメなど、海の幸がよく出てきます。シンプルな魚介系のお料理にキリッと冷えたManzanillaやFino、間違いなく美味しいのでぜひやってみてください…!!

魚介のスープリゾットのようなお料理(上記資料Manzanilla項の「アロス・カルドソ・デ・マリスコ」)に、Manzanillaを入れて食べるシーンも。
ユニオン・リカーズのアルフォンソさんがシェリーを入れていらっしゃるところ。

濃縮された魚介の旨味がたっぷりの濃いめのリゾットに、ManzanillaやAmontilladoなどは、すっごく美味しいのでぜひ☺️

「シェリーはいつ飲むの?食前酒?」とおっしゃる方も多いですけど、和洋中どれでも幅広くお料理に合わせられますので、色々と試してみてくださいね✨

<追記>

アルフォンソさんよりご指摘いただきました…!!

※動画内のエビはGAMBA(エビ・ボタンエビ・甘エビなど)ではなく、LANGOSTINO DE SANLUCAR(サンルカール原産の車エビ)だそうです。

※フィノの相性料理にあるLechaza de Calamarは、正しくはHUEVAS DE CHOCOだそうです。

どうもありがとうございます!!✨

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたはぜひ。
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
とみたに何かしてあげたいというお心の優しい方は、こちらがうれしいです。
https://tomiwine.com/info-82

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP