イベント・講座・メディア情報おかげさまで富虎本発売|ソムリエ・ワインエキスパート試験

おかげさまで富虎本発売|ソムリエ・ワインエキスパート試験


<最新のお知らせ>

●「富田葉子のテイスティング虎の巻」発売中です!
Amazonはこちら



●途中入校大歓迎!秋のStep1&Step2
https://tomiwine.com/info-37



●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください。
「メーリングリスト「富組」のご案内」
https://tomiwine.com/info-2


🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷



ソムリエ・ワインエキスパート試験に特化したテイスティング本、とうとう、できました・・・!!😭✨

ここ数年、富田のテイスティング虎の巻、略して「富虎」という資料を作成・配布し、おかげさまで好評をいただいておりました。ありがたいことに書籍化していただけることになりまして、今回このような形になっています。本当に皆様に感謝です。

そんなわけで、本の見どころや、裏話、感謝などの記事です。

この本のみどころ

全体はこんな感じです。

  1. 試験について
  2. テイスティングの基本
  3. コメントの書き方
  4. ぶどう品種
  5. スティルワイン以外
  6. 酒精強化ワインを強化しちゃおう
  7. 別冊:試験対策「出題分析データ集」
  8. 書き終えて思うこと

①試験について

公表されている試験概要だけでなく、具体的な戦術も真剣に書きました。スティルワインのコメントの得点法、スティルワインのトレーニング法、スティルワイン以外対策、マークシート対策、会場や本番当日に関して、論述対策など。とても実戦的な内容です。

②テイスティングの基本

ソムリエ・ワインエキスパート受験が、ちゃんとワインのお勉強をする初めての機会という方、実はとても多いのですよね。なので、外観・香り・味わいの取り方、なぜ色が濃くなる/淡くなるのか(品種や産地以外の様々な影響する要素)、外観や香りの似ている品種比較、香りだけじゃない樽の様々な影響、熟度の影響、グラスやデカンタージュの考え方、そもそもの味覚や嗅覚についてなど、体系的なテイスティング学習をしたことのない方にもお役に立つであろう基礎知識を書きました。

③コメントの書き方

2019年度の本番の用語を用いて、スティルワインの用語選択の仕方を細かく書いています。どうすれば合格のコメントが作れるのかが理解できるでしょう。白ワインと赤ワインが中心ですが、念のためロゼワインも掲載しています。

④ぶどう品種

試験に出る可能性の高い白黒18品種、合計36品種を、産地比較も含めてご紹介。富虎でご好評いただいていた香りのグラスイメージをもう一度精査して10個ずつ各品種につけて香りを視覚的にも掴みやすくし、新たに5項目5段階のレーダーチャートも作成しました。各品種の試験でよく選ばれている用語をフルコメントで掲載し、過去データで100%選ばれているものには印をつけたりしています。それぞれのぶどう品種の特徴を掴み、的確なコメントをすることができるようになるでしょう。

⑤スティルワイン以外

蒸留酒、リキュール、酒精強化ワインなどのテイスティング法や判別方法、早見表など。書籍化にあたり、こちらも改めてひとつひとつを精査してパワーアップ。新たに香りのグラスイメージも作成しました。

⑥酒精強化ワインを強化しちゃおう

これはとみたの趣味的な要素が大きいかもしれません。笑

せっかくなので三大酒精強化ワイン判別に関して、少し踏み込んだ内容です。

⑦別冊:試験対策「出題分析データ集」

今の形式になってから出題されている全ての品種の公式の解答を分析したデータ集です。ファクトフルネスに重きを置いていらっしゃる方はもちろん、たとえば「いろんなスクールの先生やソムリエさんの言うことが違ってよくわかんなくなってきた!」などと勉強を重ねる途中で迷子になってしまった時にも、ご自身が何を基準にするかの判断材料としてきっとお役に立つはずです。

⑧書き終えて思うこと

自信を持ってお勧めできる本ですが、あくまで過去のデータを分析しての目安と、私個人の見解も含みますので、「絶対にこうじゃないとダメ!」というわけではないことは念頭において読んでくださると嬉しいです。決して他の先生や他のスクールのメソッドを否定するものでもありません。その上で、試験に関しては絶対にお役に立つと思いますので、ぜひご購入&広めてくださると、とっても嬉しいです。

アマゾンの購入リンクははこちらです。

裏話

もう正直に話すのですけど、実は今回のこの本、ぶっちゃけ気軽な幅広いワイン入門編の書籍と比べて三重苦?な以下の3つの悩ましい要素があります。

  1. 試験対策に特化してる=万人が買ってくださる内容ではない
  2. 試験は毎年変わっていく=マメに改定しないとすぐに内容が古くなっていくおそれがある
  3. 元資料の富虎の良さを出すためにはフルカラー=気軽な価格帯ではなくなる

それぞれに想いやいきさつがあるので、よかったら聞いてください。笑

①試験対策に特化してる=万人が買ってくださる内容ではない

そもそも私がアカデミー・デュ・ヴァンの自分のクラスの資料として配布していた富虎は、複数のバージョンがありました。大きくは以下の2つです。

  • Step1やStep1といった、ワインの基礎〜中級講座の受講生へ配布する、一般的なテイスティングの基本に主軸を置いたもの。
  • ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座の受講生へ配布する、試験対策としてのテイスティングに主軸を置いたもの。

書籍は、どちらの内容を中心とさせていただこうか、と迷いました。

普段から本は好きなので、わりと色々読むのですけど、そういえば書き手として見た時に今の市場ってどうなんだろうと、これを機に改めて本屋さんのワイン関連書籍のコーナーを回ったり、ネットでも色々と見たりして、また勉強になりました。成長の機会をいただき既に感謝です。

自分なりにリサーチした結果、基礎〜中級向けの本は門が広いけど、既に良い本が世の中に沢山出版されているなぁ、言い方悪いかもしれないけど結構飽和状態じゃないかなぁ、と感じました。

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策に特化した本は、座学の参考書や問題集は沢山あれど、テイスティング関連は、これぞ試験対策!言ったものがあまり見当たらない気がしました。実際に私の資料の富虎に関して「役に立った!」と多く反響をいただくのも、圧倒的に試験対策バージョンの方です。

そんなわけで、ターゲット層は狭くなってしまうけど、内容は試験対策に特化型でいこうと決めました。今までソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座の受講生へ配布してきた富虎を、もっと整理して膨らませたものにする方針で。

ただ、この道は楽ではありませんでした。。。

②試験は毎年変わっていく=マメに改定しないとすぐに内容が古くなっていくおそれがある

そうなんですよ。

よく考えると、なぜ試験対策に特化したワインのテイスティング本はあまり見当たらないのか、という理由が分かりますよね。

ターゲット層が狭い上に、そこに特化すればするほど、試験はどんどん変わっていくので賞味期限が早いわけです。うーん。せっかく本を出版させていただくなら、試験対策に拘らず普遍的な幅広いテイスティング内容にするというのが賢い選択だよね、なるほど、ということに自分でもうすうす気づきつつ、やっぱり試験対策に迷える仔羊のみなさまのお役に立ちたいので、あえて試験対策に振り切ったわけなんですよ。

予めそこまでわかっていながら、今年の二次試験の1ヶ月前という遅いタイミングに出版しているという、なんというこの微妙な状況!!笑

(本当はもっと早く出版したかったのですが、一冊の本を作るって大変ですね…^^;世の作家さんたちを改めて尊敬しつつ。。。)

なんとか今年の試験には間に合ってよかった。もう本当に、最新の試験対策だけに特化した渾身の作ですので、今こそ!NOW!!ぜひ使ってもらえたら嬉しいです。

ちなみにそんな経緯もあって、「○年度版」というふうにするかどうか、という悩ましい問題もありました。

個人的な理想は、試験に特化した内容ならば、「○年度版」として毎年改訂したいです。今年や来年の試験に大きな変更があるかどうかはわからないけど、いずれにしても毎年ちょっとずつ変わっていくので、最新内容にピッタリ合わせたい。つまり今回は2020年版として出版し、できたら来年は2021版を出版したい。

でもそうすると・・・そうなんです。今年も残り少なくなってきたこのタイミングで2020年度版として出版したら、来年には全く売れなくなってしまうリスクがありますよね。初めてでどれだけ売れるかもわからないのに、これはなかなか難しい。

売れ残らないように安全策として少量だけ刷れば、というのもあるかもしれませんが、ただでさえフルカラーで原価が高いのに、もっと高くなってしまいます。ある程度のまとまった量を刷らなければいけない。

そんなこんなで、「○年度版」などとは書いていない状態での出版になりました。

大量に売れ残ったならばこのままですが、もし今回の書籍が来年度版に間に合うペースでおおかた売れたらば、改訂版の出版を考えていただくことも夢ではないかもしれない、そんな状況です。

初版、全部で3000部だそうです。ちなみに1500部以上は売れないとアカデミー・デュ・ヴァンに利益がないそうです。

毎年の受験生数を単純計算すると、そもそも母数がそんなに多くないので、今年の試験を受ける方だけでなく、昔受けたなぁという方の復習、アップデートなどにも使ってもらえたら本当に嬉しいなぁと思う今日この頃です・・・!!

(卒業生でも「予約したよ!」と言ってくださる方がいらっしゃって嬉しい限りです。ありがとう😭✨)

③元資料の富虎の良さを出すためにはフルカラー=気軽な価格帯ではなくなる

そして多くの方に買っていただくためにはせめて2000円台までくらいの本にしたかったのですけど・・・4000円という決して安くはない金額になってしまって申し訳ないです🙇‍♀️

当初は気軽に買っていただけるよう、価格も大きさも、アカデミー・デュ・ヴァンの「語呂合わせ暗記法」くらいのコンパクトさを予定していました。

しかし私の拘りが多すぎて(笑)、結局大きさや厚さがグレードアップし、B5で200ページ以上のフルカラーに加えて別冊データ集付きで、原価だけでもかなり高くなってしまいました。比例して定価も高めになってしまいますよね・・・💦

※アカデミー・デュ・ヴァン受験テキストと比較した実際の大きさ↓

正直私の印税云々なんてもともと大したアレじゃないですし今回そこはあまり拘りがないのですけど、決して独りで作ったわけではないので、ご尽力くださった方々が少しでも報われますよう、出版社や印刷会社やADVへちゃんと利益を受け取っていただけるようになんとかできればと・・・!!

とみたの夢とおねがい

というわけで。

本当に渾身の作なので、ぜひ読んでくださったら嬉しいです。

そして、最低1500部以上は売れないとアカデミー・デュ・ヴァンに利益が出ないということで、制作にご尽力くださった方々のためにせめてその部数以上は売れて少しでも利益を得て欲しいのと、受験生のためにせっかくなら初版を売り切って来年は来年度に合わせた最新の試験対策として改訂版を出版させていただけたら嬉しいので、

これを読んでくださっている皆様。

どうか、お力を貸していただけないでしょうか。

ぜひ、できる範囲で、おひとり100冊くらい買ってくださるとめちゃくちゃありがたいです・・・!!(冗談)

よかったら、1冊でも2冊でも、ご購入&広めてくださると、とっても嬉しいです。泣いて喜びます。

Amazonの予約が多いと諸々良いみたいなので、予約してくれたら嬉しいです!(ご予約はこちら

9月16日発売と書いてあるけど、お手元に届くのはもう少し早いと思うのですよね。注文してくだ去った方に一刻も早く届くといいいな。

そして読まれましたら、よかったらぜひ、Amazonのレビューも多いと良いみたいなので書いてくださると更に嬉しいです・・・!!

こんだけ裏事情を話して大丈夫かしらと、思いつつ。笑

応援してくださるすべての皆様に、沢山の素敵なことが訪れますように🙏✨

Special Thanks

まずは、直接多大なご尽力をいただいた、プライムステーションの皆様、アカデミー・デュ・ヴァンの事務局の皆様、成隆出版の皆様。わがままばかりですみませんでした。いっぱいありがとうございました。もう本当に、頭が上がりません。

快く帯に素敵なコメントを書いてくださった、人気タレントの眞鍋かをりさん。帯は家宝です。たまたま昨年受講してくださったのですが、誰もが知っている有名な方なのに、気さくで、とても謙虚で、子育ても頑張っていらっしゃって、努力家で、なんて素敵な女性なんでしょう。人生の憧れです。

(ちなみに眞鍋かをりさん、この秋からアカデミー・デュ・ヴァンで講座を担当してくださるんですよ!楽しみですね!※ご興味ある方はこちら

遠藤利三郎先生、木村雄太さん、りさこちゃん。お三方がいらっしゃらなければ、元々の資料の富虎は存在しませんでした。富虎がご好評いただいた理由の一つに、「香りのグラスイメージがわかりやすい」というのがありました。これは受講生時代にお世話になった遠藤先生が、品種ごとの香りのグラスの資料を授業中にプロジェクターで投影されていて、それがとても分かりやすかったので、ご了承の上で真似っこさせていただいておりました。そして、その香りの画像を資料用に作成してくださったのが、ワインの地図資料で定評のある雄太さん(※ワイン地図帳のメルマガはこちら)。最近では卒業生のりさこちゃんもグラス画像を作ってくださり、私にPhotoshopでの制作の仕方も丁寧に教えてくれました。私の今SNSのアイコンにしている似顔絵を描いてくれたのも、りさこちゃんです。お三方に大感謝。

それから、アカデミー・デュ・ヴァンの先生方。特に、いつも仲良くしてくださっている、ソムリエ・ワインエキスパート受験講師先輩の、吉田さおり先生野村貴一先生小澤メイス謙先生。コンクール前なのに本当に丁寧に質問に答えてくださった佐々木健太先生。日本酒や焼酎の専門的な知識を惜しみなく教えてくださった、近森裕司先生並里直哉先生。おかげさまで自分が専門ではないところもしっかりとまとめることができました。厚く感謝申し上げます。

現受講生や卒業生の皆様。書籍化にともない、富虎の改善点やご希望を、多くの方が親身にアドバイスしてくださいました。なかでも特に昨年大変多くの貴重なご意見をくださった、駐ブルガリア日本国大使の奈良平博史さん、モデルの藤咲理香さん。本当にためになりました。心から感謝しています。

富組校閲チームの皆様。書籍の元になっている資料の校閲、そのほか書籍原稿と同時進行で大量に作成・更新の必要があった諸々の座学用の問題集や資料に関しても、校閲してくださったおかげで、並行してどんどん進めることができました。本当に感謝しています。

夫と息子と愛犬。内容がまとまらなくて、うわーってなってたとき、家事まで手が回らなかった時も、文句も言わずに優しく支えてくれました。本当にありがとう。

ほかにも、沢山の方々のお世話になりました。私にできる形で、恩返しをしていこうと思っています。

本当に、どうもありがとうございます!!

これからもよろしくお願い申し上げます😊🍷✨

追記

動画撮りました。








🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷

お読みくださって、どうもありがとうございました。



●せっかくのご縁ですから、ぜひ一緒にワインを飲みませんか?
「これから始まるとみたの講座やワイン会」:
https://tomiwine.com/seminarcontents



●「当サイトに関してのお願い」
https://tomiwine.com/onegai


●「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください。
メーリングリスト「富組」のご案内:
https://tomiwine.com/info-2




関連記事

【2019年】ソムリエ・ワインエキスパート二次対策で良くいただくご質問

【2019年】ソムリエ・ワインエキスパート二次対策で良くいた..

4318 views

富虎本の補足や正誤表

富虎本の補足や正誤表

1102 views

講師によって言うことが違うという混乱について思うこと

講師によって言うことが違うという混乱について思うこと

1453 views

二次対策ライブ配信講座 小瓶ワイン送付|ソムリエ・ワインエキスパート試験

二次対策ライブ配信講座 小瓶ワイン送付|ソムリエ・ワインエキ..

3494 views

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

タグクラウド