【2022年】8月29日D判定から8月31日に合格!驚異の追い上げ体験記 |ソムリエ・ワインエキスパート試験

最新のお知らせ

▼【パッケージ版】おうちで前半戦を1日でマスター!
5/4開催の集中講座の録画バージョンです。5/5より販売開始。
https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/14414

【6月開講 ライブ配信】夏季テイスティング集中講座 
もっとテイスティング力をつけたい方はいらっしゃいませんか?2時間テイスティングのみを集中的に学ぶ講座です。基礎編と応用編があります。とみた担当はライブ配信で後日のアーカイブ配信もありますので、お時間が合わなくても大丈夫です!教室受講と異なり、ワインが全て小瓶でご自宅に届きますので、授業時間が終わった後も落ち着いてお好きなだけ飲み返せるというメリットもあります(^^)
https://tomiwine.com/jsatt-7

▼その他のお酒小瓶セット52種
蒸留酒、リキュール、酒精強化・・・?あんまり飲んだことないし、ちょっぴり苦手かも・・・??」そんな方向けのセットができました。小瓶で52種類、とみたの楽しい解説付きです。少量ずつお好きな時に試せますので、毎年大変好評です。蒸留酒やリキュールは、しっかり蓋をしておけば二次試験までもちます。何度でもお時間のある時に香りをかいだりして、体で覚えましょう。座学の「酒類飲料概論」でも覚えなければいけないお酒が多く、実物を知っていると覚えやすいですから一石二鳥です!
https://www.adv.gr.jp/shop/pages/special/other-liquor-set-exam

▼7/15(土)&7/16(日) 一次試験開始直前!おうちで総まとめ 
おかげさまで毎年好評の、全二日間の集中講座です。特定の単元のみのご受講もできますし、全てご受講いただければ金額的にもお得な総復習となります。オンラインでアーカイブ配信もありますので、遠方の方や日時のご都合が合わない方、「丸二日間、朝から夜までなんて辛いかも?」という方もご安心ください。もし途中で集中力が途切れたら休憩していただいて、後からご覧になれます。おすすめですので、ぜひ!
【1日目】https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/14392
【2日目】https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/14393

いつもありがとうございます。今日も一日、皆様に素敵なことが沢山ありますように🙏✨

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

タイトルの通り、8月29日に「D」判定から、8月31日に合格された方が受講生にいらっしゃいました。

二日間で2ランクUP、その驚異の追い上げはどうやったの?と質問しましたら、快く答えてくださいましたので、ご本人「料理人のしげさん」の許可を得て掲載しますね。

※参考)「合格判定ABCD」とは
https://tomiwine.com/jsa-abcd

__

お酒も飲めないワイン嫌いが約1年間でソムリエ合格するまで

先生にお声掛け頂き、合格までの経緯をお伝えさせて頂きます。長くなります、すみません。

お声掛け頂いたきっかけと、内容の要約をすると、一次試験を8月29日に「D判定」で落ち、残り2日の絶望の中、8月31日に「B判定」で1次試験を通過した事です。

ワインを学び始めたそもそものきっかけは、2021年末オープン予定の新店の料理長兼マネージャーに任命して頂いたことです。この時点でお酒はほぼ飲めず、学生時代のお酒での嫌な思い出もありワインは本当に嫌い、完全な無知状態。

  • 社内にワインに詳しい人間がいない為、2021年9月末からステップ1に通い始める。
  • 新店のオープンで休み無し、ステップ1も休みがちになり、第20回のカリキュラムで終了するつもりだった。
  • 最終回、ボルドーの高級ワインが提供される。ここまで全ての授業でワインは吐き出していたが、最終回という事と、高級ワインという事で飲んでみたら見事に授業中・仕事前に酔っぱらう。(月曜昼のクラス)
  • 先生に「〇〇〇さんならソムリエ受かりますよ~!」と何時もの笑顔でお声掛け頂く。(この時8割出席もできず、授業中も寝ていた時もあった悲惨な状態。根拠・・・)
  • 本当に悩んだが、酔った勢いで気づいたら受験クラスにクレジットカードを切っていた。(即後悔。)

ここから地獄がスタート。休み無し、お店で寝泊まり。新店でスタッフも不足。体調も崩し病院通い。(突発性難聴、激しい腰痛、急性胃炎などなど)

しかも、自分も本当にアホで、勉強するならちゃんと覚えたい!と思い、すべて地図をノートに手書きする。(フランスを抜けるのに半年以上かかる。(今なにも覚えていません。))

そんなことしてる間にアッという間に8月。1次の受験日は
①8月29日17時~と
②8月31日14時~。

8月に入ってもまだドイツが終わらず(授業第11回の内容。イタリアはスキップ済)絶対間に合わないと確信。イタリア、スペイン、ポルトガルは捨てて、チリ、アメリカ、オーストラリアは何とか勉強(ほぼうろ覚え)。しかし後半の授業で習うマイナーな国10か国は全く手つかずで、8月29日を迎える。(スイス、ハンガリー、クロアチア、イギリス等)

試験当日。やっぱり「D判定」。地図の手書き全く意味なし。あほやん自分。先生が授業でおっしゃってた「ボーナスステージ」という後半のすっ飛ばしたマイナーな国々の問題めちゃめちゃ出題されてるし・・・。

29日、落ちたショックでとても勉強できず。まだ時間あるけど手つかずでラーメン食って寝る。30日は普通に出勤。残り試験まで23時間。こりゃ来年だな。

っと思っていたら奇跡が。社長が突如出勤。働いてくれることに。お願いをして急遽早退。

エナジードリンクのモンスター5本を買い込み、徹夜。手つかずの10か国に、スペインとポルトガルを、オンラインアカデミー動画を流し続け勉強。試験直前まで半死の追い込み。

歌舞伎町のテストセンター地下セブンイレブンで追いモンスター1本、これで6本目。

ギリギリまで手書き地図入りノートを見て入室。テスト開始。

あれ?解けるぞ。そしてやっぱり多い新しい国々の問題。

残り20分を残し、全問回答。ギリギリまで見直し。そして時間終了。

「B判定」!!!!

鳥肌立って震えました。

この経験からお伝えしたいこと。

  1. フランスやイタリアを後回しして、マイナーな国々やニューワールドから覚えていく勉強法は理にかなっているかも。
  2. 1次試験を2回受検で申し込む人は、1週間は開けた方がよいかも。自分のような、2日しか猶予が無い場合、1回目に落ちたら絶望しかない。(D→Cや、C→B等、1判定上げるのに30点程必要とのネット記事見ました。)
  3. 諦めなければ何とかなる。(諦めたらそこで試合終了ですよ。)

そして無事、2次・3次も通過して、ソムリエ合格となりました。

先生、本当にありがとうございました!!!!

__

・・・改めて、壮絶ですよね。みなさま真似しちゃダメですよ。笑

でも、中にはそんなふうに合格される方もいらっしゃるので、本当に最後まで諦めないでくださいね、ということで。(^^)

料理人のしげさん、貴重な体験談をありがとうございました。(どうかお体を大切に)

 

__

<今、ソムリエ・ワインエキスパート試験関係のおすすめ記事>

【お知らせ】

※ソムリエ・ワインエキスパート受験資料の「もくじ」的な記事(「一次対策記事一覧」など)を、適切な更新が追いつかないので近々削除して、代わりに全体のカテゴリ分けを充実させていきたいと思います。カテゴリは、PCなら画面右側、スマホなら画面下方にスクロールするとございます。どうぞよろしくお願い致します。

※2023/05/01追記:ごめんなさい、「過去問・類問に挑戦!」の最後に出てくる正解率のパーセンテージが実際と異なる場合がある、という不具合が最近生じているようで、原因がわからないので確認中です。ご不便をおかけします。

▼2023年の当サイト「とみわいん.com」の受験系資料につきまして
https://tomiwine.com/info-107

▼過去問・類問集(徐々に本年度版に更新していきます)
https://tomiwine.com/quiz

▼ソムリエ・ワインエキスパート試験の初期によくいただくご質問
https://tomiwine.com/sowe

▼【まとめ】皆様の勉強法(兼、合格体験記)
https://tomiwine.com/jsa-2

▼富田葉子の活動を応援してあげる!
資料を無料で公開しておりますが、時間と労力や、システム購入や維持費など、制作コストはかかっています。もし価値を感じてくださったら、ご協力いただけますとうれしいです。
https://tomiwine.com/info-82

▼【パッケージ版】おうちで前半戦を1日でマスター!〜GW明けを気持ちよく過ごそう〜
5/4開催の集中講座の録画バージョンです。5/5より販売開始。
https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/14414

▼【6月開講 ライブ配信】夏季テイスティング集中講座 
https://tomiwine.com/jsatt-7

▼その他のお酒小瓶セット52種
https://www.adv.gr.jp/shop/pages/special/other-liquor-set-exam

▼アカデミー・デュ・ヴァンの良さ(受験講座)
https://tomiwine.com/blog-41

🍾✨🌿✨🍾✨🌿✨

お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼公式LINE「とみライン」
不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81

▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールでも不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2

▼これから始まる&募集中の講座やワイン会
一緒にワインを楽しみましょう♪
https://tomiwine.com/seminarcontents

※初めてアカデミー・デュ・ヴァンの講座のお申し込みをされる方は、お申込時の備考欄に「講師の富田葉子の紹介」と書いていただくと、講座によっては登録料無料などの特典があるかもしれません。もしよろしければ(^^)

▼ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ
https://tomiwine.com/blog-44

▼とみたクラスの推しポイント
https://tomiwine.com/blog-36

みなさまとお会いできますこと、心から楽しみにしています(^ ^)

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

最近の記事

TOP