【2022年】ソムリエ・ワインエキスパート試験の初期によくいただくご質問

Q:自分はソムリエの受験資格ある?

A:お手数ですが、ソムリエ協会にお問い合わせくださるのが最も早くて確実です。

勤務期間や職種が微妙な場合など、色々ご質問いただくのですけど…ケースバイケースで難しく、結局ご判断されるのはソムリエ協会ですので、お手数ですがぜひ直接お問い合わせください。

<日本ソムリエ協会>

電話で変なこと聞いたから不合格…などありませんから、安心してください。私も教本内容のことなどで、疑問点はしばしば電話したりメールしたりさせていただいています。お返事早いし、親切ですよ。(もしかすると私はだいぶ細かくてしつこい奴と思われてるかもですが…とほほ^^;)

Q:ソムリエ協会の「会員」になったほうがいいの?

A:回し者じゃありませんが、会員になっておくのも良いと思いますよ。

入会したらソムリエ試験で優遇されるとかではないので、合格のために入る必要はありません。

ただ、試験と同時申し込みだと例年少し安くなりますし、入会すると送られてくる機関誌はとても面白いですし、頻繁に開催される会員無料のセミナーも興味深い内容がとても多いですから、試験後も末長くワインを勉強されるなら入って損はないと思います。私も入っています。

Q:出願はギリギリでもいいよね?

A:受付開始されたらすぐに行なってください。

近年は出願時期により会場予約できる時期が異なります。早く出願されるとご希望の日程を予約しやすいですし、早く教本がお手元に届きますし、ご自身で合格へ向けて後に引けなくすることができますので(これ最重要です)、ぜひすぐに出願してください。出願が遅くて得することは何もないと思います。

関連記事:出願しましたか?
https://tomiwine.com/info-44

呼称資格認定試験 Web出願(ソムリエ協会ホームページへ飛びます)
https://www.sommelier.jp/exam/webapp.html

Q:一回受験?二回受験??

A:二回受験をお勧めします。

試験は年に一度しかないですもんね。少し受験料は高くなりますが、一発勝負は怖いので二回受験を申し込まれる方が多いです。もし一回目で合格しても、二回目の受験料は戻ってこないんですけれども。笑

Q:二回受験、会場予約はいつといつがいいのかな?

A:埋まりやすい最終日付近をまず確保し、最初の一回はなるべく早めの日程がおすすめです。

昔、自分が受験した時はゴールデンウィークも夏休みもなく勉強し、夏に「私は今年、花火大会も夏祭りも盆踊りも海も、一度も行けないんだ、、、」と気づいた瞬間にストレスが溜まっていて爆発したのでしょうか、何を思ったか使いもしない水着や浴衣を10着以上購入した記憶があります。未だに家にあるのですが、色柄が20代っぽくピンクやラメばかりで、若すぎてとても着られません。せめてもっとオトナなデザインにしておけばよかった。笑

みなさまには、試験中といえど、ちゃんと夏休みも楽しんで欲しいなって思います。

ですので、一次試験開始時の7月後半には一通り学習が完了している状態を理想とし、ちょっと苦しいかもしれないけどできるだけハイペースで頑張っていただいて、一次試験開始後すぐに受験して合格!を目指してください。

そうすれば、終盤の8月後半に一次試験を受験される方と比べたら1ヶ月以上早く二次試験の準備を始めることができますし、8月中はしばらく「なんにもしない」夏休みをとっていただいても大丈夫です。

万が一、一回目の試験で不合格になってしまったら、その時は二回目までのラスト一ヶ月を死ぬ気で勉強して、合格しましょう。それまである程度勉強されているのであれば、1ヶ月あれば十分挽回可能なはずです。

今は、その場で合否が出るようになったからこそ、このような戦法が取れますね。(^^)

ちなみに、二回とも最後のほうにするのは、あまりおすすめしません。もし一回目がダメだった場合、その後の追い込みの勉強時間があまりないからです。ご本人の習熟度によりますが、一回目から二回目までに、最低でも二週間はあったほうがいいのではないかと思います。いずれにしろ一度自分で受験しておくとイメージも格段に湧きやすいので、まず一度「えいやっ!」で受けてしまうことをお勧めします。

あと、最後の最後まで一次試験を抱えているのって、SNSの発達した昨今では結構精神的にしんどかったりするのですよね。試験開始後は毎日のように「受かりました!」という投稿やお友達の喜びの声が散見されます。「一抜けた、二抜けた」状態です。焦ります。早く楽になりましょう。

予約後に、予約した日時のリスケも簡単にできます。会場にもよりますが例年、最終日や最後の週末、お盆明け等は真っ先に予約される方が多く、予約開始後すぐに埋まっていました。特に銀座や渋谷などターミナルの便利な場所はなおさらです。

二回申し込むなら、まず埋まってしまいやすい最終日付近を保険で確保して、序盤はだいたいガラガラに空いてますので、序盤もとりましょう。序盤で受かってしまえばOKで、ダメで二度目の場合も、もし最終日付近にとった予約が遅すぎると感じられた場合は後から早めればいいと思います(早める分には大抵空いています)。

2021年のとみたクラスの任意のアンケートでは、このようになりました。

Q:ソムリエもエキスパートも同時に受験できる?

A:現状、ソムリエの受験資格がある方は、おっしゃる通りです。

ソムリエの受験資格がある方は、ソムリエもワインエキスパートも両方出願できます。

ただし同一年に同時に合格することはできません。二次試験がソムリエ&ワインエキスパートともに同日同時間帯のため、分身の術を使える方でもないかぎりは、どちらか一方しか受験できないためです。(翌年に、もう片方を一次免除で二次試験から受けて資格取得することはできます。)

Q:ソムリエは一次試験が最大で四回受験できるって聞いたけど本当?

A:現状、はい。

一つ上の質問と答えが重複しますが、ソムリエの受験資格がある方は、ソムリエもワインエキスパートも両方出願できます。なので一次試験をそれぞれ二回ずつ、計四回受験することもできます。ただし二次試験がソムリエ&ワインエキスパートともに同日同時間帯のため、分身の術を使える方でもないかぎりは、どちらか一方しか行けません。

受験料が二倍になる割に最終的に合格できる資格はひとつですが、もしそれでもよろしければという感じです。

試験慣れのため、それもありかもしれませんね。

Q:CBT試験ってどんなの?不安!

私自身2018年に受験させていただきました。その時の感想はこちらです。

▼CBTレポート1(受験した感想)
https://tomiwine.com/cbtrepo

お近くのテストセンターにて、受付を済ませたら、お席に座ってパソコンのマウスで正しいものをクリックしていくだけです。簡単ですし親切ですので、パソコン操作が苦手な方でも心配いらないと思います。

テストセンターのホームページがあれば、イヤーマフはあるかないか、何席くらいか、など備品や雰囲気が記載されていたりしますので、ご覧になってから行かれるといいかもしれません。たとえば「出張なので大きい荷物を持っていく予定だが、ロッカーに入るか、どのくらいの大きさか」など、気になることがあれば直接テストセンターへ問い合わせるといいですよ。

Q:スクールに通いたいけど通えない、でも独学は不安・・・

A:ADVのライブ配信講座や、オンラインアカデミーはいかがでしょうか?

今は暗記のためのツールもいろいろありますし、独学でも、合格できないことはないと思います。

ただ、独学は以下がネックですかね・・・

  1. モチベーションの維持が、スクールに通う場合と比べると大変
  2. 付随する生きた余談や根本の理解が、スクールに通う場合と比べると得にくい
  3. ワイン仲間が、スクールに通う場合と比べると得にくい

アカデミー・デュ・ヴァンでは、お家にいながらスクールと同じことができますので、ぜひご活用ください。

ライブ配信講座はzoomを利用し、講師や他の受講生と双方向のコミュニケーションができる講座です。

▼【ライブ配信講座 2022年3月開講】ソムリエ・ワインエキスパート受験対策講座
https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13264

リアルに学校に通う講座同様、お好きな時に録画の授業を見たり問題を解いたりする「オンラインアカデミー」も別途無料でついています♪

Q:(ADV)オンラインアカデミーだけ受講で、とみたから資料をもらえないかな?

A:ごめんなさい。お断りするように言われています。

アカデミー・デュ・ヴァン(以下ADV)各講師の独自資料は、リアル・ライブ配信全20回の受験対策講座をご受講される方向けとなっており、一方通行のオンラインアカデミーのみのご受講生への配布は行なっていませんので、ご了承くださいませ。

Q:(ADV)振替が多くなるかも…クラス選びのコツは?

A:できる限り日時優先より講師優先で選んだ方がいいです。

まず、振替が多いことについてですが、特に受験講座は欠席回を来期に回すことができず、夏までの限られた期間でなんとしても全20回を受講しきらなければならないため、頑張って可能な日に色々とお振替をされる方が多いです。むしろ決まった日時に毎週同じクラスに皆勤賞でいらっしゃる方の方が少ないと思いますので、安心してください。

ADVは特に、同じ講座でも講師によってかなり異なると思いますので、「どの先生の話を聞きたいか」で選ぶことをおすすめします。今はSNS等で凡そのお人柄も見えやすいと思いますし。

受験だけではなく、クラス選びに関して、以下の記事に詳しく書いていますので、よろしければ。

▼ADVでクラスを選ぶときの超個人的おすすめ
https://tomiwine.com/blog-44

Q:(ADV)合格率や出席率が悪かったら先生怒られちゃう?

A:そんなことないです。お気になさらず楽しんでください。笑

以下の記事に詳しく書いていますので、よろしければ。

▼合格率や出席率等お気遣い不要ですよという話
https://tomiwine.com/blog-47

Q:(ADV)3月からサービス実技講座あるけど、早すぎない?

A:早くないですよ(^^)3月からやってよかった!と多くの方がおっしゃいます。

三次試験なんてまだまだ先の話…と思われるかもしれませんが、実技系は早いうちから少しずつ慣れておいたほうが、本番で格段に’自信を持ってできますよ。

ADVの場合、座学&テイスティングの講座とセットで実技講座も申し込まれるとお得です。教育訓練給付制度を利用された場合は、実技講座受講料全額に近い額が返ってきますので、実質タダ同然で受講できます!

先に座学&テイスティングの講座を申し込んでいて、あとからサービス実技講座も追加で、という場合もセット価格にしてくださるそうですので、ADV受付の方にお願いしてみてください。

▼実技講座のご案内はこちら。【2021年3月開講】ADVソムリエ・ワインエキスパート受験対策講座&サービス実技講座
https://tomiwine.com/info-36

Q:(ADV)とみたのサービス実技講座はどんな感じ?

A:慣れていない方を前提に、受験生のご不安にとことん寄り添い、わきあいあいと進めていきます。

持ち物などは以下の記事を参考によろしければ。

▼「サービス実技講座について」
https://tomiwine.com/jsa-service

Q:(ADV)とみたの座学&テイスティング講座はどんな感じ?

A:手ぶらでOKな講義を滑舌よく行い、座学もテイスティングもしっかりと時間を取ります。クラス会やLINEグループなども積極的に行います。

私は「一緒に」頑張りたいタイプなので、割と受講生との心理的な距離が近いほうだと思います。それが心地良い方には合うと思いますが、カチッとした「いかにも先生」って感じがいい、という方には、もしかするとあまり向いていないかもしれないです。

おかげさまで近年は資料だけでなく、話し方・時間配分・クラスの雰囲気なども褒めていただけることが大変多くなりました。座学もテイスティングも全てデジタルに特化しており、極めて身軽にご来校いただけることも、喜んでくださる方が多いです。

▼参考)2021年受験講座のアンケート
https://tomiwine.com/blog-39

ですので、特に、
まるで私のように、

1.集中力が続きにくい方(自分が大好きなことなら徹夜もあるが、話が面白くないと1〜2時間もじっと聴くの苦痛)

2,抑揚なく淡々と説明されたらすぐ眠くなってしまう方(疲れてるし、話し方や構成が工夫されてないとすぐ睡魔が来る)

3.講師の話し方に「えー」「あー」等の余計な言葉が多かったり、訛っていたり、語尾が伸びがちだったり、語尾や助詞が変に上がったり、声が小さかったり、逆にキンキン声で耳に優しくなかったりすると、ちょっと聴きづらいと感じる方(クセが強いと話の内容がイマイチ入ってこないんだよね)

4.教科書に線を引かされたり板書を書き写させられたりするのがしんどい方(わざわざ時間使っていくんだから最初から重要箇所まとめたの渡してよね、時間と労力の無駄遣いさせないで、と思う)

5.教本とかテキストとか筆記用具とか色々持って移動したくない方(重いのイヤ、電話帳のような教本を持って来いとか鬼だと思う)

6.紙の資料を綺麗に整理するのが苦手な方(片付け苦手なので溜まっていってしまい積読の山になるし、紙はそれ自体が汚れるし劣化するしエコじゃないから、基本的にデータ配布のほうが嬉しい)

7.飲食店の激務の傍ら…子育ての傍ら…勉強するってマジ大変なんだぞ!と思う方(その頑張りを他人事じゃなく自分事でわかってくれたらちょっと嬉しい)

8.振替が多くなりそうでクラスに馴染めるか不安な方(願わくば先生には常連以外へも一人一人への配慮が平等に欲しい)

9.社交的に振る舞うことはできるけど根はコミュ障な方(独りも寂しいけどグループワークもあんま得意じゃない、自分が合う人と話したいから自然にそういう雰囲気にしてほしい、)

10.小テストや予習復習など足並み揃えられないかもだけど「自分のペース」がある方(やるときはやるから授業では劣等生でも見捨てないで欲しい)

11.講師に特定の産地や品種や人物などを遠回しに貶すような表現はして欲しくない方(いくらわかりやすくするためであっても言葉は選んで欲しい)

などなど、上記にひとつでも当てはまる方は、特に私のクラスは合っているのではかなと思います。上記11個は受講生側になった時の私そのものです😂

自分が計画性なく片付けもできず人様の話を落ち着いて聞けないダメ人間だから、そんな自分でもついていけそうな講義を心がけています。

これは賛否あるかもですが…講師の「知識」って、もちろん必要ですしあるにこしたことはなく、常に勉強が必要なのは当然と思います。ただ、あくまで講師として磨くべき沢山のスキルのうちの1つでしかない、とも私は最近よく感じます。

プレゼンテーション。インストラクション。ファシリテーション。

(↑こういうカタカナ並べる意識高い系みたいなの超苦手!!頑張って使ってみただけ…笑)

講師としての「伝える力」も、積極的に磨いております所存です。

「わかりやすい」のは当たり前で、もっともっと受講生に寄り添い、ご受講くださった方が元気になれるような、そんな講義ができる講師になれるよう、成長を続けます❣️

近年このコロナ禍でも、受講生同士で結婚された方々もいらっしゃいました。ご時世が許す限り、みんなが仲良くなりやすいよう、クラス会も積極的に開催します。例年LINEグループも作っていて、好評です。

Q:(ADV)途中入校できる?

A:もちろんです!

ゴールデンウィークごろまでは途中入校の方も多いですし、序盤を逃してしまったかた向けのキャッチアップレッスンも例年行なわれます。

途中入校の方々も合格されていますので、ご安心ください。

🍷⭐🍷⭐🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷⭐️🍷
お読みくださって、どうもありがとうございました。

▼これから始まるとみたの講座やワイン会
随時更新。せっかくのご縁ですので、一緒に飲みませんか(^^)
https://tomiwine.com/seminarcontents
▼メーリングリスト「富組」のご案内
「富組」という形で、メールにて不定期でワイン会やセミナーのお知らせを配信しています。受け取ってあげてもいいよ、というかたは是非メーリングリストにご参加ください♪
https://tomiwine.com/info-2
▼公式LINE「とみライン」
上記メーリングリスト富組と同様の情報共有をもう少しカジュアルにお届けしようと思います。友達追加してあげても良いよという方はぜひ✨
https://tomiwine.com/info-81
▼富田葉子の活動を応援してあげる!
当サイトの資料に無料以上の価値を感じてくださったら、よろしければ、お気持ち分ご購入いただけると励みになります…!
https://tomiwine.com/blog-82

富田葉子

富田葉子

J.S.A.認定ソムリエ/ワインエキスパート WSET® Level 3 Award in Wines シェリー原産地呼称統制委員会認定 2014年最優秀ベネンシアドール JCAAコミュニケーション能力検定1級 日本滑舌能力検定協会認定講師(滑舌能力検定1級) 日本朗読検定協会認定講師(准プロフェッサー) レストラン勤務時代にネッド・グッドウィン MWの元で働き、ワインの魅力の虜になる。ワインの勉強は生粋のアカデミー・デュ・ヴァンっ子で、アカデミー・デュ・ヴァンが大好き。 みんなが仲良くなれる優しい雰囲気、聞き取りやすい講義と分かりやすい資料が特に好評。試験講座受講生の合格率も高く、「暗記こそ心で伝える」をモットーに、どこまでも寄り添って全員を合格へ導く。 15年間シングルマザーの経験があり、近年まで自身が「家事育児を両立し勉強もしながら忙しく働く母ちゃん」であったことから、限られた時間でも楽しくしっかりと身につけていただくことに心血を注いでいる。受講生との交流を大切にし、クラス会も活発に開催。 近年は滑舌能力検定や朗読検定の講師資格も取得し、ただワインに詳しいだけの講師ではなく、伝え方のプロフェッショナルでもありたいと日々努力を続けている。

こちらもご興味があるかも

今スグにおすすめの講座やワイン会

TOP